2016年03月28日

政治資金収支報告書提出

初めての政治資金収支報告書を提出してきました。

総務省が提供している会計帳簿・収支報告書作成ソフトを使いました。
https://kyoudou.soumu.go.jp/kyoudou/Main?vc=GK020101

オンラインでも提出できるのですが、初めてということもあり、訂正などすぐに対応できるよう、印刷して持参しました。

愛知県の選挙管理委員会に出すのですが、いつもの本庁舎4階に行くと、西庁舎2階の14会議室で受け付けているとの張り紙が。

正午15分前の到着だったので、午後からになるかも、と半ば覚悟して会場に行くと、受け付けている3テーブルとも埋まってはいたものの、待っている人はおらず、すぐに呼ばれ、一か所、町名の前に郡名を入れるよう言われただけで5分も経たず終了。

無事、午前中に出せました。

来年からはオンラインで提出しようと思います。



posted by otomi at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

空港として取り組める環境活動

CIMG3962.JPG

成田空港。

と言っても、ここから出張に行ったり、旅行に行くわけではなく、ここが目的地です。

CIMG3943.JPG

CIMG3959.JPG

昨日、空港の関係者の皆様に、「空港として取り組める環境活動」をテーマに講演をさせて頂きました。

今回、資料についてのやり取りで感心したことがありました。

私はいつもB4用紙1枚の、項目とメモするスペースを取った簡単なレジュメをお送りしています。
ところが今回は、メモ用紙やノートはみんな持って来ますから、紙がもったいないのでアンケートの裏に印刷できるようにA4用紙1枚にまとめてもらえませんか、という返事が来ました。

CIMG3952.JPG

良くあるのが、もっとたくさん資料をくれないかという相談です。プレゼン資料を全部印刷するから送って欲しいとか。でもほとんどそのまま廃棄されるか、残されてもただ埋もれるだけの場合がほとんどで、もったいないこともありお断りしています。

本当に身についたり、実行されるのは、キーワードをメモして、自分で調べて下さる場合だと思うのです。

今回は逆にB4用紙1枚でももったいないという反応だったので感心しました。
ただ、アンケートは回収されてしまうということだったので、レジュメの末尾に、メモした場合はスマホなどで写真に撮って保存して下さい、と記載させて頂きました。

そして、講演内容も、環境対策としては、エネルギー関係の話が多かったのですが、一部、予定を変更して、オフィス用紙の削減について、結構マニアックな話も入れさせて頂きました。

01.jpg
ちなみにレジュメはこちらです。

皆さんしっかり耳を傾けて下さいました。
少しでも事業活動のお役に立てば幸いです。




posted by otomi at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

Cドライブ換装成功

メインのパソコンにつなげていた外付けハードディスク(HDD)が突然クラッシュしたことをきっかけに、Cドライブも念のため、換装することにしました。
備忘録を兼ねて、作業を書き留めておきます。

500GBのものがついていましたが、新たに1TBのものを購入。
安定動作に定評があるWESTERNDIGITAL社の6000円ちょっとの商品です。

パソコンのケースを開けた所、たまったホコリに驚き。
まずは掃除してから、HDDの場所やコードを確認。

電源は空いていたものの、マザーボードとつなぐケーブルがなかったので電気店で購入。

空いていた3.5インチシャドウベイに新品を入れました。
と、書くと簡単ですが、ボルトを外してベイを引き出して、HDDを固定して戻す仕組みであることを理解するのにしばしかかりました。

CIMG3925.JPG
CIMG3926.JPG

ベイに入っている上の方が新品です。
ベイに固定するねじを買ってこなかったので、家にあるねじ箱をひっくり返して、同じくらいのサイズのものを探した所、丁度良さそうなねじがあったので代用。

電源を入れて起動。

スタートで右クリック、ディスクの管理を見ると、ディスク0として認識されていたので、右クリックしてディスクの初期化。

そこで、パーティションスタイルをMBRにするか、GPTにするか聞かれます。

「以前のバージョンのWindowsでは、GPTパーティションスタイルが認識されません。」
と書いてありますが、Windows10なのでGPTを選びました。
ところが、後に、これがいけなかったことが分かりました。

フリーソフトのEaseUS Todo Backup Free 9.1をインストール。

「クローン」機能で、ソースとして元のシステムが入っている「ハーディスク1」を選択、ターゲットとして新品の「ハードディスク0」を選択。実行しました。

1時間半程度で終了。

電源を切り、ハードディスク1のケーブルを外して起動。

ところが、起動ディスクが見つからないというメッセージが出て失敗。

仕方ないので電源を切り、ハードディスク1のケーブルを接続して起動。
検索してみたところ、GPTだと、OSが対応していても、マザーボードが古いと起動ディスクとしては使えないことが分かりました。

そこで、普通のやり方では綺麗に消えない事があるらしいので、こちらのページに書いてある方法の内、DISKPARTを使った対処方法でMBRに変換。

もう一度、EaseUS Todo Backup Free 9.1でクローン。

今度は、無事、新しいHDDでWindows10が起動。

多少、ブラウザがログアウトした状態だったり、ソフトを起動した時、製品登録情報を求められたりと、完全に同じではありませんでしたが、これはセキュリティ上当然のことでしょう。

元のHDDはこれで不用となりましたが、故障している訳ではないので、これをバックアップ用として使うことにしました。

ディスクの管理から、パーティションごとに右クリックして、ボリュームの削除をしたあと、一体として新規のボリュームとして登録。

EaseUS Todo Backup Free 9.1の「ディスク/パーティションバックアップ」で、ハードディスク0を選択。ターゲットを新しく作ったボリュームに変更して実行。

1時間ほどで完了しました。
後は、「ツール」の「ブータブルディスクの作成」から回復ディスクを作成すれば、突然Cドライブがクラッシュしても、再インストールして一からやり直しという面倒な手順を踏まなくても復元できます。

さらに「ディスク/パーティションバックアップ」のオプションで毎日深夜に差分をバックアップするスケジュールを設定しておきました。

これで一安心。




posted by otomi at 23:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする