2016年11月27日

とみなが秀一政策研究会だより第7号

とみなが秀一政策研究会だよりの第7号を発行しました。

印刷ができ次第、地元の地区を中心に新聞折込をする予定ですが、一足先に公開します。

201611会報7号.pdf

・高すぎる予定価格の懸念ついに
・長期契約にして価格上昇!?
・調査したのに対策せず
・利用がなくても固定費
・待機児童解消へ多様な保育を
・豊明市議会公式YouTubeチャンネル開設!
・今こそ送迎保育ステーション
・災害時の態勢は?
・前後駅有料駐輪場問題は
・2つ目の水上太陽光発電は
・視察報告

豊明市内の方で、確実に届けて欲しいという方はこちらから、メッセージをお送り下さい。




posted by otomi at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

前後駅前のイルミネーション

02.jpg

愛知県豊明市の前後駅前で昨夜からイルミネーションの点灯がはじまりました。

06.jpg

12月25日まで、毎日17時〜22時です。

07.jpg




posted by otomi at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会派視察 千葉県市川市 静岡県富士市・菊川市・島田市

所属会派、「新風とよあけ」と「清澄」で、10月17日〜19日に、視察に行きました。

@千葉県市川市「PFI事業について」
A静岡県富士市「富士市・富士宮市消防指令センターについて」
B静岡県菊川市「子ども議会・議会報告会について」
C静岡県島田市「図書館自動貸出システムについて」

報告書です。
201610新風とよあけ会派視察報告書.pdf

千葉県市川市では、老朽化した中学校校舎の建て替えを機に、給食室も更新し、さらに地域に足りなかった、公会堂、保育所、ケアハウス、デイサービスセンターも併設する複合施設を、民間のノウハウを活用したPFI事業として行っていました。結果、市の想定より26%少ない総事業費で整備できていました。

静岡県島田市の図書館に設置されている自動貸出機は、子供や高齢者でも簡単に使えるもので、窓口を減らし人件費削減につなげることは可能だと思いました。

18 .jpg
自動貸出機を操作する子供たち







posted by otomi at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

議会運営委員会の行政視察報告書

少し前ですが、10月11日、12日と、所属している議会運営委員会で、行政視察に行きました。
@埼玉県所沢市「議会改革について」
A埼玉県飯能市「議会ICT化への取り組みについて」

報告書です。
201610議会運営委員会行政視察報告書.pdf

所沢市議会は、議会基本条例の制定時も改定時も、特別委員会を設置、専門的知見を得て、パブリックコメントを募集、住民説明会開催と、非常に丁寧に手順を踏んで決めていました。また、全会一致にこだわり、徹底的に議論を積み重ねていました。

豊明市議会も、今、議会基本条例を見直している所で、丁寧な決め方、全会一致へのこだわりなど見習いたいと思いました。

また、議会報告会だけでなく、20〜40代から無作為抽出した方々を招いて、ワールドカフェ形式で広聴会を開いていて、若い世代の声を聞く良い方法だと思いました。

41.jpg
みみ丸カフェで寄せられた意見

埼玉県飯能市では、議会のICT化によって、紙の枚数にして年間約10万枚減らし、全員協議会の資料削減額約24万円、本会議会議録冊子廃止で印刷製本費約186万円、合計年間210万円費用を削減していました。

議会がICT化を進める最大の目的は議会と市民との距離を縮めることというのは、シンプルで訴える力がありました。

議会事務局の負担を減らし、本来の役割である、議会の立法機能発揮のために力を使ってもらい、それが市民との距離を縮める結果になるということです。

当市でも本来の目的を見失わず進める必要があると思いました。







posted by otomi at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

全国都市問題会議に参加しました

 少し前ですが、10月6日、7日と、岡山市で開かれた全国都市問題会議に参加してきました。
議長と副議長は公務ですが、他の議員は任意です。
私は、オプションの視察として、真庭市のバイオマスへの取り組みがあり、是非見ておきたかったので参加しました。

 真庭市への視察はもちろん、講演、報告、シンポジウムとも非常に良い内容で、参加して良かったと思いました。

 詳しくは報告書の内、別紙にした詳細をご覧下さい。
201610全国都市問題会議研修報告書富永.pdf

64.jpg
真庭バイオマス集積基地第二工場






posted by otomi at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする