2009年03月04日

環境、経済の未来予想図2

 先日の続きです。(流れ全体は2008年12月27日の記事からご覧下さい。)

●グリーン ニューディールを進めた場合

○経済、雇用への影響の続き

 自動車に限らず、地球温暖化を気にせずにエネルギーを使えるようになれば、家電、産業機械、ロボット等の機械は、それまでより消費電力を気にせず、より高機能なもの、よりサービス性の高いものを開発できるようになります。

 もちろん、電気代等エネルギーコストに跳ね返りますし、同じエネルギーでより多くの人たちが豊かに暮らしていくためにも、省エネの努力は引き続き必要ではありますが、地球温暖化対策という命題が重くのしかかっている現状よりははるかに楽になり、企業は、より自由な発想で製品開発ができるようになります。

 また、サービスの面でも、移動・輸送手段等を使いやすくなりますから、多様な、よりきめ細かいサービスを行いやすくなります。

 このように、グリーン ニューディールを辛抱強く続けていれば、ある段階から、経済はどんどん活気づいていくでしょう。また、多くの人手を必要とする業界にも経済効果が広がっていきますから、雇用拡大にもつながっていくでしょう。

 ただし、この方法には、大きく分けて2つの問題があります。
この続きはまた。

posted by otomi at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック