2009年03月28日

激化するハイブリッド車販売競争3

 ハイブリッド車の話の続きです。

 トヨタとホンダは、2〜3年後をめどに「ヴィッツ」や「フィット」クラスの小型ハイブリッド車を出すそうです。

 価格は200万円以下ということですが、インサイトや新型登場後の現行プリウスが190万円前後ですから、当然でしょう。150万円以下で勝負することになるのではないでしょうか。

 小さな車体に載せられる電池には限りがありますから、小型軽量でエネルギー密度が高い、リチウムイオン系の電池を使うことになるでしょう。

 ハイブリッド車のバリエーションが増えるのは良いことだと思います。

 今回は、もう一つ、マツダの水素ハイブリッド車の話も簡単に書いてまとめようと思ったのですが、調べてみると、想像以上に面白い車で、ちょっと長くなりそうなので、また次回。
posted by otomi at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック