2009年04月16日

50年で3m海面が急上昇した証拠を発見



 約12万年前、氷河期のうち、寒い氷期から、温かい間氷期に移行する際、氷床の崩壊が原因で、わずか50年の間に海面が3メートル程度上昇した証拠が見つかりました。

 過去数十万年の間、地震活動が見られなかった、メキシコのユカタン半島で、海面の高さに合わせて成長するサンゴの特徴を活かし、サンゴの遺骸を分析する事で、年代による海面の高さを割り出したそうです。

 以前、「海面上昇は2100年までに少なくとも1mと指摘」の記事でも書きましたし、講演でもお話していますが、過去の気温と海水面の関係から、地球の平均気温が3度上がると、海面は30m上昇し、2度上がっただけでも、15m〜20m上昇すると予想されます。

 しかし、氷床の崩壊などの力学的変化が、いつ頃起きて、それによって、どの位の間に何m海面が上昇するのか、不確定要素が多いため、IPCCの海面上昇の予測では、こうした現象による海面上昇は考慮されていません。

 でも、短期間に数mという海面上昇が度重なって、最終的に数十mになると考えるのが自然です。

 今回、過去に気温が上がった際、短期間で3m海面が上昇した証拠が見つかった事で、その考え方が正しいことが分かりました。

 50年間で3mというのも、平均してジワジワ上昇してくれるとは限りません。

 相手は自然現象ですから、年に数mmという平均的な上昇が続いたかと思うと、数年で数十cm急上昇し、また年に数mmに戻るといったムラができるのではないかと思います。

 記事では、
3メートル上昇しただけでも、上海(Shanghai)、カルカッタ(Calcutta)、ニューオーリンズ(New Orleans)、マイアミ(Miami)、ダッカ(Dhaka)など数十もの大都市が、壊滅的な打撃を受ける可能性がある。
と指摘していますが、日本の大都市も例外ではありません。
posted by otomi at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック