2009年10月15日

長寿台風がようやく消滅

 14日、半月に渡って猛威をふるってきた台風がようやく消滅しました。

 先月29日の日本時間で午前9時に発生した台風17号は、最低気圧が920hPaという猛烈な勢力でフィリピン北部を襲いました。

 それだけなら緯度が低い国の宿命でもあり、珍しくありません。
しかし、この台風はその後、今月3日〜10日と、1週間もフィリピン北部の狭い範囲を行ったり来たりして居座ったのです。

 この地域は先月26日にも、台風16号に襲われていて、この二つの台風によって、500人以上の被害が出ました。



 台風17号は、14日の日本時間で午後3時、ベトナム北部のトンキン湾でようやく、通常の熱帯低気圧になりました。

 寿命は15.2日で、統計を取り始めた1951年以降では、長寿第7位に相当する記録となりました。

posted by otomi at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック