2010年03月03日

温暖化で氷がなくなる北極からさらに石油を掘る強欲



 地球温暖化の影響で氷が溶け、航行が容易になると予想されている北極海で、新たな石油資源を開発しようという動きがあります。

 この記事は、中国の動向を警戒しているという内容ですが、どこの国が開発しようと同じ事です。

 化石燃料を燃やして温暖化を進め、氷が溶ければ、それによって現れる場所から、さらに石油を掘り、温暖化を加速させる。

 どこまで強欲なのでしょう。

 その欲は、一つの大気でつながっている全人類、そして多くの生物を危険にさらします。

 異常気象の激化、数千年にわたる海面上昇などの形で、未来の人類、数百億人にも影響を与えます。

 今の経済システムに任せた方法では、この強欲を抑える事が難しいなら、別の方法を考えるしかないでしょう。
posted by otomi at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック