2010年12月02日

カーボンオフセット年賀はがきに緑のシミ

 年賀状を出す季節になりました。

 私は以前から、年賀はがきの製造や、輸送の環境負荷を抑えるため、できるだけE-mailによって挨拶するようにしています。

 と言っても、手抜きと思われないよう、動画にしたり、くじ付きにしたり、スライドショーにしたりという工夫はしています。

 しかし、メールアドレスがなかったり、知らなかったりする人もありますから、そんな時は、2007年の登場以来、カーボンオフセットの年賀はがきで出すようにしています。

 カーボンオフセットとは、「ある場所」や「ある行為」によって排出される二酸化炭素などの温室効果ガスを、「他の場所」で直接、または間接的に行う植林、クリーンエネルギー事業、省エネの実施などによって相殺する考え方や活動の事です。

 カーボンオフセット葉書は、1枚あたり、寄付金分として、5円高くなっていて、集められた寄付金に、郵便事業株式会社が同額の寄付を加えて、温室効果ガスの排出を抑える事業に使われる仕組みになっています。

 平成22年のカーボンオフセット年賀はがきで集まった寄付金と郵便事業会社が出した寄付金は、合わせて1億5600万円で、それが、国内外のバイオマスエネルギー活用、風力発電、小水力発電、森林保全など、19の事業で使われたとの事です。

平成22年度年賀寄附金配分事業リスト〈改訂版〉 ※P40以降

 さて、今年もいつものように、カーボンオフセット年賀はがきを100枚ほど買ってきました。

PICT3380.jpg

 そして、早速書きたいという娘たちに開けさせた所、「汚れている」と騒ぎ出しました。

 見てみると、確かに、緑のシミ状の汚れが付いています。

PICT3381_2.jpg

 これは何だろうと思い、もともとこうなのか、ミスなのか調べてみました。

 日本郵政グループのWebサイトには、こんな記述がありました。

 「うら面は白地に薄い緑の模様が入っています。」

 模様?これが?

PICT3382.jpg

PICT3383.jpg

 模様というのは、「美しい」とか、「面白い」とか思わせるためのもので、汚れやシミにしか見えないものは、模様とは言えないでしょう。

 そこで、日本郵便に電話して聞いてみると、対応した人は、「裏は白のはず」との事。窓口に持って行って見せて欲しいという事なので、早速、最寄りの郵便局に持って行きました。

 すると、窓口の方は、「今年はこうなったみたいです」と言って、他の葉書も同様である事を見せてくれました。

 そういう事なら仕方ないものの、問題だと思うので、2点抗議して、上に報告するよう要望しておきました。(もちろん、穏やかな口調で)

 一つは、購入時に説明がなく、包みにも何も表示がない事。

PICT3384.jpg

PICT3386.jpg

 インクジェット用の葉書には、写真やイラストなどを印刷する人がかなりいます。
それなのに、あらかじめ色が入っていたら邪魔です。
しかも、誰が見ても模様に見えるのであれば、それを生かしたデザインも考えられるでしょうが、汚れに見えるのですから、それは無理です。

 受け取った人にも、汚れた葉書を送られたととられかねません。

 例年とは違うことを勝手にやったわけですから、せめて販売時にサンプルを見せて、納得してもらってから売って欲しいという事です。

 もう一つは、来年からは色を入れるのはやめた方が良いという事です。
サービスのつもりで入れたのかもしれませんが、わざわざカーボンオフセットの年賀はがきを買うのは、環境意識が高い人や企業が多いわけです。

 そうした人や企業は、できるだけ無駄な環境負荷を減らす努力をしていますから、余分に緑のインクを使う事を喜ばないのではないでしょうか。

 どうしても、このデザインを残すなら、もう一種類、無地も用意して欲しいと思います。

 これから、カーボンオフセットの年賀ハガキを買おうとされている方、このような緑の斑点がついている事をご理解の上、ご購入ください。
posted by otomi at 16:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは 私もカーボンオフセットのはがきを買ってびっくりしました
おっしゃるとおり緑の斑点は模様とはとてもいえる代物ではありません
年賀状として使うなら全体が緑色で覆われたデザインの印刷にしか使えませんね
明日普通のインクジェットを買いに行くつもりです
残念
Posted by kaneyamashime at 2010年12月04日 00:50
いま年賀状を印刷しようとして、「緑色のシミ」に気づきました。カーボンオフセットハガキ、せっかくいい取り組みなのに何でこのようなことになってしまうのでしょうかね。
過去版にもロゴが無駄に大きかったり、インクジェット対応じゃなかったりと、年賀状としての欠陥がありました。
今年はシンプルなデザインになったな、と思ったらこれですからね・・・
買い手の選択肢がないだけに、日本郵便はきちんとした商品を出して欲しいですね。
Posted by 柳田 at 2010年12月16日 23:11
kaneyamashimeさんコメントありがとうございます。

本当にデザインに困りますよね。

柳田さんコメントありがとうございます。

ありましたね、無駄に大きいロゴ!あの時も宛名のレイアウトに困りました。
本当に折角の取り組みなのに、なぜ使いにくくするのか理解に苦しみます。
Posted by otomi at 2010年12月17日 00:32
私もカーボンオフの年賀状が出た年からずっと百枚単位で購入しています。そして先日同じように「汚れている!」と思い郵便局に駆け込みました。「これはこういうデザインです」との説明にどうしても納得いかず再度別の郵便局を訪ねましたが当然同じ対応で。
年賀状を送る相手は目上の方も多く汚れたものを送るという非礼な行為に思われないだろうかと案じていたところでした。
本日こちらのホームページに偶然たどり着きよくおっしゃって下さいましたと申し上げたくコメントさせていただきました。
Posted by キラリン at 2010年12月25日 00:08
キラリンさんコメントありがとうございます。

デザインに見えませんよね。
困ったものです。
Posted by otomi at 2010年12月25日 13:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック