2007年01月28日

シンポジウム開催

 私がディレクターを担当している、東海テレビの番組、『素敵にTalk』では、これまでに出演していただいた方々の情報交換の場として、「一奏一会の集い」を発足させました。

 今日は、それを記念して、「環境とIT 〜ものづくりの現場から〜」というシンポジウムを開きました。

 パネラーは、総務省の有冨寛一郎総務審議官、日本特殊陶業の加藤倫朗社長、金印株式会社の小林一光社長、株式会社INAXの杉野正博社長、コーディネーターは、番組のキャスター、佐々木よ利子(よは、にんべんに予)さんでした。

 シンポジウムでは、「地球温暖化対策」、「省資源・廃棄物対策」、「エコ商品の開発」、「その他の取り組み」、「ITの活用」の5つのテーマに分けて話し合っていただきました。

 国や企業の、最新の取り組みや考え方を聞くことができ、来場いただいた方々にも、満足していただけたのではないかと思います。

 このシンポジウムの模様は、東海地方でしか見られませんが、「素敵にTalk」の中で、後日放送します。

 その後のレセプションでは、中部国際空港株式会社の平野幸久社長や、2005年日本国際博覧会協会の中村利雄事務総長、気候学がご専門の愛知教育大学の大和田道雄教授といった、これまで番組に出演していただいた方々とお会いして、近況などを伺うことができました。

 また、名古屋テレビのアナウンサーをしていた時に、取材でお世話になった方にもお会いすることができ、懐かしくお話をさせていただきました。

 ここのところ、かかり切りになっていた大イベントを無事終え、ようやく一安心です。
posted by otomi at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック