2013年03月21日

【動画】超高性能『電気自動車』開発プロジェクト セミナー&試乗会

 私がアドバイザーをさせていただいている堺市産業振興センター環境ビジネス研究会の公開セミナー&試乗会の中継録画です。(2012年11月28日開催)

 今回は、時速300kmオーバーの超高性能8輪EV、「Eliica(エリーカ)」の開発者で、慶應義塾大学環境情報学部の清水浩教授をお迎えしました。
 清水教授は、株式会社SIM-Driveの代表取締役として、超高性能電気自動車の研究開発をオープンソースで進め、高度なEVの技術を広め、普及を進める活動をしておられます。

 すでに先行開発車第1号車「SIM-LEI」(一充電航続距離333km)、2号車「SIM-WIL」(〃351km)を開発し、現在は2013年3月末の完成に向けて、3号車を開発中です。

 このプロジェクトの特徴は、参加できるのは一度きりで、できるだけ多くの事業者、機関が関われる仕組みになっていること。そして、今、4号車の開発プロジェクトへの参加者を募集中です。

 清水教授には、EVのメリットや課題、EV社会に向けた展望、SIM DRIVEプロジェクトの意義、役割、未来像など幅広く伺いました。

 また、先行開発2号車の「SIM-WIL」への試乗会も行いました。

 事務局からのお知らせ後、4分30秒頃から私の背景解説、7分頃から清水教授のお話が始まります。

セミナー


Video streaming by Ustream


試乗会


Video streaming by Ustream





posted by otomi at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
坪江ともうします。
ほんとすごいですね300kmって

Posted by 坪江 at 2013年03月22日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック