2015年05月09日

台風6号 安心情報を流すにはまだ早いのでは?

報道ステーションを見ていたら、天気のコーナーで台風6号について、「本州に上陸する可能性は低い」と言っていました。

気象庁の5日後までの予報円がこちら。
01.png

予報円の中心は南海上を通っていますが、本州は十分予報円の中に入っています。
余程勢力が落ちる予想になっていて、上陸前に台風ではなくなる見込みなのかと思い、米軍の合同台風警報センターを見てみました。

1.gif

本州接近時でも風速40ノット、20メートルくらいは保っていそうです。弱いですが台風である可能性はあります。

台風6号はまだ転向する前で、かなり予報がずれる可能性がある事をふまえると、現時点で安心情報を流すのは早いと思います。

「進路が北寄りになった場合、季節はずれの本州上陸の可能性もありますから、今後の情報にご注意下さい」位言っておく方が良いのではないかと思います。







〈5月12日追記〉

台風6号、危惧していたような進路になってきました。
気をつけましょう。

01.png
ラベル:台風 気象
posted by otomi at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック