2015年07月07日

Chrome.exeを退治してパソコンがよみがえった!

主に講演用に使用している少し古いノートパソコンの処理速度がどんどん落ちてきて、特にブラウザを立ち上げる時に何分もかかるようになってきたので、半年くらい前にブラウザをChromeからFirefoxに変えました。

しばらくは以前よりましになったのですが、ここのところまたどんどんひどくなってきたため、タスクマネージャーで確認した所、再起動した直後で一つもアプリを立ち上げていないのに空きメモリがゼロ。
11.JPG

何がそんなにメモリを食っているのかとプロセスを確認した所、Chromeを立ち上げてもいないのに、Chrome.exeが8つも動作していて、数百メガバイトも消費。

これは許せぬとChromeをアンインストールしようかと思いましたが、その前に一応調べてみたら、こんなページが。

KOKAのつぶやき
「Windows シャットダウン時に Google Chrome でバックグラウンド処理指定したアプリ(拡張機能)が軒並みクラッシュ」
http://koka60.jugem.jp/?eid=4091

このページに出ていた症状と似ていたので常駐アプリを見たところ、Google Chromeがあり、プロパティを見ると、確かにバックグラウンドでの動作を許可していることになっています。
12.JPG

それをはずすと、あっという間にずらりと並んでいたChrome.exeが消え、空きメモリが増えました。

それ以降のパソコンの動作が機敏なこと!
サクサクと10倍速になった感じ。

もしかしてと思い、最近動作が遅い新しい方のノートパソコンも確認したところ、やはりChromeがバックグラウンドで動作。早速対処しました。

最近パソコンが遅いとお感じの方、一度チェックしてみてはいかがでしょう。



ラベル:CHROME パソコン
posted by otomi at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック