2007年05月24日

ニューヨークのタクシーをすべてハイブリッド化



 ニューヨークの13,000台のタクシーを2012年までにすべてハイブリッドカーにするそうです。

 タクシーは走行距離が長いので、かなり早くコストアップ分を回収、逆転して得になると思われます。

 しかし、現時点では車種が限られますから、あまりタクシーに向かない車が導入されています。目立っていいかもしれませんが。

 トヨタの燃料電池車が、やはりSUVタイプで、最初は自治体や大企業が対象のリースなのに、これでは、社用車などとして使いにくのでは?と、SUVにした意図を開発担当の方に聞いたことがあります。

 様々な部品を組み込むのに、スペースが広い方が便利、というのがその理由でした。

 あと、SUVは、特に燃費が悪いので、それを改善したいという思いもあったようです。

 フォードがハイブリッド車としてSUVを選んだのも、そのような理由からかもしれません。

 日本でも、トヨタのプリウスを使っているタクシー会社がありますが、クラウンあたりの、高級セダンタイプのハイブリッド車が出れば(マイルドハイブリッドタイプはありますが効果が薄い)、日本でも、タクシー車として導入するところがもっと増えるように思います。
posted by otomi at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック