2007年05月31日

塩水が燃料になる装置

 アメリカの元放送局幹部、John Kanzius氏が、電磁波を使って、ガン細胞だけを破壊する装置を開発しようと実験中、偶然、塩水が燃える事を発見したそうです。

http://news.livedoor.com/article/detail/3180867/

YouTubeの動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=4kKtKSEQBeI


 ガソリンに替わる燃料にできないか、期待がかかっているとのことです。

 電磁波を発生させるエネルギーより、塩水の炎によって得られるエネルギーの方が大きくないと意味がないことと、電磁波が、人体や周囲の環境に影響しないかといった点が要チェックですが、塩水なら、大量に海水がありますから、成功すればエネルギー問題は解決ですね。
posted by otomi at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな胡散臭いニュースを調べもしないで垂れ流すのはジャーナリスト失格だと思います。
Posted by 通りすがり at 2007年06月21日 13:49
 アメリカのテレビ局が放送した内容を、自分なりに、チェックが必要と思われるポイントを指摘しつつ紹介することが、ジャーナリスト失格だとは思いません。
Posted by otomi at 2007年06月25日 00:08
すばらしい!!
原理はどうあれ、未来へ向けて研究を進めて欲しいところだ!!
Posted by oh at 2007年10月17日 11:54
ニュースから1年以上経ちましたが、ジャーナリストたるもの自分が取り上げた話題はきちんとフォローするんですよね?
Posted by 通りすがり at 2008年11月29日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック