2018年07月24日

チョイソコとよあけ試験運行開始

CIMG9732.JPG

 今朝、多くの報道陣も集まる中、オンデマンド型乗合交通「チョイソコとよあけ」の出発式が行われました。


 坂が多く、高齢になると外出が難しくなってくる愛知県豊明市の仙人塚地区を対象に、アイシン精機が、スギ薬局などの協力を得て実証実験を開始しました。

CIMG9734.JPG
アイシン精機 伊勢清貴社長

CIMG9736.JPG
スギ薬局 杉浦克典社長



 事前に会員登録して、30分前までに予約をし、近くの資源ごみ回収場所などに設けられた停留所から、開始時点で市内28カ所に設けられた希望の停留所まで、乗り合いながら移動できます。

 帰りも同様に30分前までに予約をして、停留所から停留所まで乗合で帰ることができます。
12月25日までは無料で、利用状況などを見て、来年からは1回200〜300円程度で正式運行に移行する予定です。

 CIMG9742.JPG

 コミュニティバスのひまわりバスの路線変更が予定されており、バスが行かなくなる地域の交通手段としてこのオンデマンド型乗合交通が期待されているため、この仙人塚地区で利用が広がり、成功するかどうかは大変重要です。
 対象地域にお住まいの皆さんは、まずは無料の期間に十分に利用して頂いて、使い勝手などの声を寄せて頂ければと思います。

 テープカット以降を動画で撮影しました。








posted by otomi at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。