2007年10月08日

環境税の導入に4割が賛成



 内閣府が行った世論調査によると、環境税の導入に賛成する人が、40.1%になり、反対の32.0%を上回ったそうです。

 2005年の調査では賛成が24.8%、反対32.4%でした。

 調査が行われたのが、8月2日から12日ですから、国内の史上最高気温を更新した8月16日より前です。

 その後の猛暑、10月になっても西日本では30℃を超える所がある現在の状況を考えると、今調査をすれば、もっと賛成が増えているように思います。

 でもよく見ると、反対の比率はほとんど変わっていません。

 環境省は、炭素1トンあたり2400円の環境税導入を提案しています。
環境税について(環境省)

 これは、ガソリン1リットルあたりにすると約1.5円、電気料金だと、1kWhあたり、0.25円です。

 税収は、森林の整備や、再生可能なエネルギーの普及、住宅やビルの省エネ化推進などにあてることが計画されています。

 しかし、経済界の強い反対により、先送りされ続けています。

 地球温暖化対策は早く始めるほど、かける費用に対する効果が大きくなるとされています。

 あちこちで被害が続出するようになってからでは、その手当をしながら対策も進めなくてはならず、莫大な費用が必要になってきます。

 私は、もっと、化石燃料を使うと損で、再生可能なエネルギーや環境に優しい商品、サービスを選ぶとトクをすることが明確にわかるような税制にすれば、国民の理解も得やすく、効果も上がると思います。

 でも時間がありませんから、取りあえず、今の案でも良いですから、一刻も早く導入することが必要ではないかと考えます。
ラベル:環境税 環境
posted by otomi at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック