2008年01月31日

18世紀名曲再発掘!

 私がディレクターをしている、東海テレビの環境をテーマにした対談番組、『素敵にTalk3 〜環境立国への交響曲〜』(毎週日曜 朝6時30分〜)のキャスター、佐々木仔利子先生のご招待で、クラシックコンサートに行ってきました。

 今回のテーマは18世紀の名曲を再発掘するということで、初めて聞く曲ばかりでしたが、いずれも、余り知られていないことが勿体ない、良い曲でした。

 とくに、ヨハン・ショーベルトのヴァイオリン伴奏付きピアノソナタ作品14は素晴らしく、なかでも第一楽章はドラマチックで鳥肌が立つほど感動しました。

 ショーベルトは、若くして、毒キノコを食べたことによって、一家全員が死亡して森で見つかったそうで、もし長生きしていたら、もっとたくさんの名曲を作り、有名にもなっていたかもしれません。

 みなさんも、機会がありましたら、是非聞いてみてください。

20080130classic1.jpg

コンサートのパンフレット

20080130classic2.jpg

演奏された曲目
ラベル:クラシック 音楽
posted by otomi at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック