2016年08月08日

豊明夏祭り

CIMG5865.JPG

昨日、今日と豊明夏祭りが開催されました。
出店が一杯あり、NPOの皆さんの少しでも足しになれば・・・とか、消防団の皆さんの所でもやっぱり買わないと・・・と色々飲み食いする内にお腹いっぱいになってしまいました。

20時からは恒例の花火。
CIMG5867.JPG

面白い形のものも。
これは豚さんでしょうか?
CIMG5873.JPG

昼間の暑さを忘れ、日本酒を飲みながら光の芸術を楽しみました。
CIMG5874.JPG




posted by otomi at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

【動画】2016/08/02 猛烈な雷雨(愛知県豊明市) Thunderstorm

2016年8月2日に愛知県豊明市で撮影した猛烈な雷雨です。
数多くの雷が鳴りましたが、特に光ったもの、稲妻が映った部分を厳選しました。
愛知県の広い範囲で電車が長時間止まったり、落雷による火災、停電、豪雨による冠水、浸水が起きるなど、大きな影響が出ました。
通常速度の部分は雷光から雷鳴までの時間はそのままです。
Slowの部分は音の位置を光に合わせています。

The thunderstorm in Toyoake city,Japan.




posted by otomi at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

第61回愛知県消防操法大会

愛知県尾張旭市の愛知県消防学校で開かれた、第61回愛知県消防操法大会に出場した豊明市のチーム(第5分団)の応援に、去年に続き、建設消防委員会の議員として行ってきました。

CIMG5845.JPG
CIMG5847.JPG

民進党政調会長の山尾しおり衆院議員も激励に駆けつけました。
CIMG5850.JPG

豊明市の操法の様子を動画に収めました。


長期間の特訓、本当にお疲れ様でした。





ラベル:消防操法 豊明市
posted by otomi at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

今回の参院選の判断基準は憲法改正に賛成か反対かの1点でいい

明日に迫った参議院選挙の投票日。
何を基準に投票しますか?

今回は参議院選挙ですから、政権交代は起きません。
しかも、定数の半分ずつの改選ですから、今回与党がかなり負けたとしても全体の半数を割ることはまずありませんし、与党優勢とも伝えられています。
ですから、経済政策、年金問題など、世間の関心が高いテーマについては、誰に、どこに投票しても大勢に影響はありません。

しかし、今回、一票の重みが非常にきいてくるテーマが一つだけあります。
それが憲法改正です。

今回、与党をはじめとする、改憲したい勢力が78議席以上獲得すると、衆参両院で3分の2以上となり、憲法改正の発議が可能になります。

自民党がどんな憲法を目指しているのかは、こちらをご覧下さい。
自民党憲法改正草案
https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

集団的自衛権の発動を可能にした安保法制も併せて考えると、自衛の名の下であれば、国際紛争を解決する手段として戦争もできるとも読める憲法9条が最大の問題だと思いますが、まっさきに取り組むと言われている、緊急事態条項も問題です。
01.jpg
自民党憲法改正草案より

何が問題かは、弁護士の方が緊急事態条項が通った場合をシミュレーションした以下のブログが参考になると思います。

緊急事態条項が通ってしまった未来からの伝言
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20160222_01.html

安保法制の時のやり方を見ると、安倍総理なら本当にやりかねないので震えます。

今回の投票先、憲法改正をしたい勢力の支持者で、憲法改正に賛成であったり、憲法改正に反対している勢力の支持者であれば迷わないでしょう。

しかし、与党をはじめとする憲法改正をしたい勢力の支持者であっても、憲法改正には反対という方も相当数いらっしゃるでしょう。
各種世論調査では、憲法改正賛成より、反対が大幅に上回っています。

もしそうでしたら、今回は、憲法改正に反対している勢力の中から、一番考え方が近い候補者、政党に入れることをおすすめします。
どうせあなたが支持しているのが与党であれば、大負けすることはありません。
全体としては支持できても、憲法改正には反対、であれば、今回はその一点を判断基準に投票してはどうでしょうか。





posted by otomi at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

さらに強い地震への警戒も呼びかけておくべきだった

4月14日に熊本でM6.5の地震が起きた際、私は、このページを引用しました。

熊本県の主要活断層帯 http://ht.ly/10ENbf

そして、「震源からすると、布田川・日奈久断層帯の中部がずれた感じでしょうか。」とTweetしました。

このページで紹介されているように、布田川・日奈久断層帯の中部は、熊本県で最も発生確率が高い部分でした。
しかし、テレビのインタビューで、多くの住民が、「まさかここでこんな地震が起きるとは思わなかった。」「大きな地震は他の地域の話だと思っていた。」といった声が聞かれました。

阪神・淡路大震災の際にも、「兵庫でこんな地震が起きるとは」という声が聞かれましたが、活断層がある地域では、いつこんな地震が起きてもおかしくないのだ、という警告がされました。

活断層がある地域は全国に渡っていて、すぐ近くに活断層がある地域では、当然警戒している人が多いものだと思っていましたが、どうもそうでもないようです。

これは行政にも責任があります。
もっと情報提供に工夫が必要でしょう。

また、最大M7.6の規模が警戒されている地域で、M6.5の地震が起きたわけですが、まだ地震のエネルギーの大半は温存されている可能性があり、さらにM7クラスの地震が起きてもおかしくない状況でした。

しかし、気象庁からの情報発信は、M6.5の地震を本震扱いし、「平成28年(2016年)熊本地震」について、の第6報まで見ましたが、余震への警戒を呼びかけているだけでした。

特に今回はM6.5の地震の余震にしては大きすぎる地震が相次いでいたわけで、当然、近くでのさらなる大きな地震や、今回動かなかった北側や南側での連動も考えなければならない状態でしたが、その可能性についての警告がされていないことが気になっていました。

そんな中、今日、4月16日になって、1時25分に、M7.3の大地震が14日の地震の少し北で発生しました。

大規模な土砂崩れが発生したり、建物が崩壊したり、列車が脱線したりと大きな被害が出ています。

特に建物内で亡くなったり、怪我をされた方々は、もし、さらに大きな地震が起きる可能性が示されていて、警戒していれば、もしかすると被害を避けることができていたかもしれません。

安全側の情報に偏り、より大きな危険についての情報を軽視することは、こうしたリスクをはらんでいると思います。

今はさらに東の大分側の断層帯での地震も増えてきました。
九州大学 地震火山観測研究センター 「九州地方の地震活動」
02.png

最新情報はこちら

先程、気象庁の会見を見ましたが、大分側にも震源が移っていることへの警戒は呼びかけていましたし、阿蘇山での活動も、関連を否定するのではなく、「わからない」と表現していましたので、少し、危険側の情報へもバランスが取られた気もします。

しかし、以下のように、大分の、今活発化し始めた断層帯では、最大M7.3〜7.6の地震が予想されていることも併せて情報提供しておくべきではないかと思います。
大分県の主要活断層帯
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kabataf/katudansou/ooita/ooita.htm

また、未明のM7.3の地震では、愛知や、東京でも長周期地震動が観測された事が気になっています。
中央構造線に沿って東側に揺れが伝わった可能性があり、今後の活動によっては、さらに東側での地震に繋がることも考えなければならない状況になるかもしれません。

中央構造線の連動地震のリスクについては、2012年1月に書いた以下の記事の中段以降をご覧下さい。

堺市産業振興センター 環境ビジネス情報発信 コラム Vol.16
「危機管理の前にリスク管理を (2)」
http://www.sakai-ipc.jp/bizsupport/management/ecocolumn/eco_column16.html

一般市民としては、気象庁やメディアからの情報に注意することはもちろん、TwitterやFacebookなどで提供されている情報のうち、信頼がおけるものを確認したり、自ら地元の活断層を再確認したりして、あらためて地震への警戒をしておくと良いと思います。





ラベル:熊本地震 活断層
posted by otomi at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

オバマ大統領もぜひ広島訪問を

中日新聞 社説 G7外相・広島宣言 オバマ氏も被爆地訪問を
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2016041202000115.html

ケリー米国国務長官の広島訪問は、核不拡散、核軍縮の機運を高める重要な一歩だったと思います。

是非、オバマ大統領も現職のうちに広島を訪れて欲しいと思います。

退任後に、という意見もあるようですが、大統領としての訪問に重い意味があると思います。

非人道的な兵器を使用した罪を認識させる、といった意味ではなく、核兵器の使用がどんな悲劇的な状況を生むのか知ってもらうことで、二度と使わなくて済む世界の実現に向けて共に歩んでいく為に訪れて欲しいと思います。

ケリー氏は、平和記念資料館(原爆資料館)で行った記帳の中で「世界の全ての人々がこの施設が持つ力を見て、感じ取るべきだ」と書き、G7の広島宣言の中でも、被爆地への人々の訪問を呼びかけていますが、皆さんもまだ訪れていない方は、是非、資料館をご覧下さい。

子供たちも、高校生以上になったら連れて行って下さい。

私たち広島生まれは、小さい頃から原爆に関する教育を受けますし、はだしのゲンも読みますから、小学生でも資料館を訪れますが、他の地域の方は、あまり小さいうちに行くと心が受け止めきれない子もいると思います。

現実に起きたことを直視して、冷静に心に刻むためには、高校生以上になってからがお薦めです。
とにかく一度は訪れて欲しいと思います。







posted by otomi at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

夜桜堪能

CIMG3969.JPG

愛知県豊明市の三崎水辺公園に家族で夜桜を見に行きました。
この時期、夜9時までライトアップされています。

CIMG3971.JPG

木によって7分咲き〜満開で、丁度見頃でした。

CIMG3970.JPG

水辺の夜桜は、昼間とはまた違った風情を見せてくれます。

CIMG3988.JPG

思ったほど混雑しておらず、池を一周したあとベンチに座り、ゆっくり桜を楽しめました。

47.jpg




ラベル: 夜桜 花見
posted by otomi at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

空港として取り組める環境活動

CIMG3962.JPG

成田空港。

と言っても、ここから出張に行ったり、旅行に行くわけではなく、ここが目的地です。

CIMG3943.JPG

CIMG3959.JPG

昨日、空港の関係者の皆様に、「空港として取り組める環境活動」をテーマに講演をさせて頂きました。

今回、資料についてのやり取りで感心したことがありました。

私はいつもB4用紙1枚の、項目とメモするスペースを取った簡単なレジュメをお送りしています。
ところが今回は、メモ用紙やノートはみんな持って来ますから、紙がもったいないのでアンケートの裏に印刷できるようにA4用紙1枚にまとめてもらえませんか、という返事が来ました。

CIMG3952.JPG

良くあるのが、もっとたくさん資料をくれないかという相談です。プレゼン資料を全部印刷するから送って欲しいとか。でもほとんどそのまま廃棄されるか、残されてもただ埋もれるだけの場合がほとんどで、もったいないこともありお断りしています。

本当に身についたり、実行されるのは、キーワードをメモして、自分で調べて下さる場合だと思うのです。

今回は逆にB4用紙1枚でももったいないという反応だったので感心しました。
ただ、アンケートは回収されてしまうということだったので、レジュメの末尾に、メモした場合はスマホなどで写真に撮って保存して下さい、と記載させて頂きました。

そして、講演内容も、環境対策としては、エネルギー関係の話が多かったのですが、一部、予定を変更して、オフィス用紙の削減について、結構マニアックな話も入れさせて頂きました。

01.jpg
ちなみにレジュメはこちらです。

皆さんしっかり耳を傾けて下さいました。
少しでも事業活動のお役に立てば幸いです。




posted by otomi at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

Cドライブ換装成功

メインのパソコンにつなげていた外付けハードディスク(HDD)が突然クラッシュしたことをきっかけに、Cドライブも念のため、換装することにしました。
備忘録を兼ねて、作業を書き留めておきます。

500GBのものがついていましたが、新たに1TBのものを購入。
安定動作に定評があるWESTERNDIGITAL社の6000円ちょっとの商品です。

パソコンのケースを開けた所、たまったホコリに驚き。
まずは掃除してから、HDDの場所やコードを確認。

電源は空いていたものの、マザーボードとつなぐケーブルがなかったので電気店で購入。

空いていた3.5インチシャドウベイに新品を入れました。
と、書くと簡単ですが、ボルトを外してベイを引き出して、HDDを固定して戻す仕組みであることを理解するのにしばしかかりました。

CIMG3925.JPG
CIMG3926.JPG

ベイに入っている上の方が新品です。
ベイに固定するねじを買ってこなかったので、家にあるねじ箱をひっくり返して、同じくらいのサイズのものを探した所、丁度良さそうなねじがあったので代用。

電源を入れて起動。

スタートで右クリック、ディスクの管理を見ると、ディスク0として認識されていたので、右クリックしてディスクの初期化。

そこで、パーティションスタイルをMBRにするか、GPTにするか聞かれます。

「以前のバージョンのWindowsでは、GPTパーティションスタイルが認識されません。」
と書いてありますが、Windows10なのでGPTを選びました。
ところが、後に、これがいけなかったことが分かりました。

フリーソフトのEaseUS Todo Backup Free 9.1をインストール。

「クローン」機能で、ソースとして元のシステムが入っている「ハーディスク1」を選択、ターゲットとして新品の「ハードディスク0」を選択。実行しました。

1時間半程度で終了。

電源を切り、ハードディスク1のケーブルを外して起動。

ところが、起動ディスクが見つからないというメッセージが出て失敗。

仕方ないので電源を切り、ハードディスク1のケーブルを接続して起動。
検索してみたところ、GPTだと、OSが対応していても、マザーボードが古いと起動ディスクとしては使えないことが分かりました。

そこで、普通のやり方では綺麗に消えない事があるらしいので、こちらのページに書いてある方法の内、DISKPARTを使った対処方法でMBRに変換。

もう一度、EaseUS Todo Backup Free 9.1でクローン。

今度は、無事、新しいHDDでWindows10が起動。

多少、ブラウザがログアウトした状態だったり、ソフトを起動した時、製品登録情報を求められたりと、完全に同じではありませんでしたが、これはセキュリティ上当然のことでしょう。

元のHDDはこれで不用となりましたが、故障している訳ではないので、これをバックアップ用として使うことにしました。

ディスクの管理から、パーティションごとに右クリックして、ボリュームの削除をしたあと、一体として新規のボリュームとして登録。

EaseUS Todo Backup Free 9.1の「ディスク/パーティションバックアップ」で、ハードディスク0を選択。ターゲットを新しく作ったボリュームに変更して実行。

1時間ほどで完了しました。
後は、「ツール」の「ブータブルディスクの作成」から回復ディスクを作成すれば、突然Cドライブがクラッシュしても、再インストールして一からやり直しという面倒な手順を踏まなくても復元できます。

さらに「ディスク/パーティションバックアップ」のオプションで毎日深夜に差分をバックアップするスケジュールを設定しておきました。

これで一安心。




posted by otomi at 23:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

20万年以上氷期がやって来ない可能性が

BBC:温室効果ガスの排出が次の「氷河期を遅らせた」?
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-35309263#share-tools

人類によるCO2排出の影響で、すでに始まっていてもおかしくなかった氷期のはじまりが大幅に遅れ、10万年たっても始まらない可能性があるとのこと。

色々と注釈が必要な記事ですが、要するに人類がやってしまっていることの影響は、10万年以上続く可能性が高くなっているということです。

そもそも今は、氷河期です。
南極やグリーンランドなどに氷床と呼ばれる厚さ1km以上にもなるような氷の層がありますが、それは氷河期だからであって、地球の歴史上3分の2以上の期間はどこにも氷床がない状態で、それが普通なのです。

氷河期の中にも寒い氷期と、氷期と氷期の間に暖かくなる間氷期があり、約1万年前から間氷期に入っています。

ですから、記事中「氷河期」とあるのは正確には「氷期」です。

また、「太陽から地上に到達する放射能の量」というドキッとする表現がありますが、これは太陽放射といわれる、太陽が地球に注ぐ、可視光だけでなく紫外線や赤外線なども含む放射エネルギーのことです。

私は講演で、次の氷期は約2万年後以降と考えられているが、今回の人類が起こしている地球温暖化の影響で、氷河期を抜けるかもしれないという話をしていますが、やはりその可能性が出てきているようです。

ミランコビッチサイクルと呼ばれる約10万年周期で、大陸が多い北半球への日射が多くなる時には気温が上がって間氷期となり、そうでない時には下がって氷期になります。
その平均気温に与える影響は数度ですが、CO2やメタンなどの温室効果ガスが、気温が上がる時にも下がる時にも加速させる効果があるため、10度位の変化になります。

今回、人類がCO2を始めとする温室効果ガスを大量に出していることによって、2万年後どころか、10万年後も氷期に入らない可能性が出てきているということです。そうなると、ミランコビッチサイクルから考えると、可能性が出てくるのは20万年後くらいですか。

南極大陸が地軸上にあり、冷気がたまりやすいため、いずれは氷期に入る可能性が高いとは思いますが、化石燃料を採れるだけ採って全部使い切ろうとするような愚かなことをすれば、永久凍土や大陸棚に大量にあるメタンハイドレートの融解を招き、CO2の数十倍というメタンの温室効果も加わって、本当に氷河期を脱してしまうかもしれません。

それはすなわち、氷床がすべて融解し、海面が72m上昇することを意味します。

地球としてはそれが普通の状態ですが、海沿いの平野に大都市を築いている人類にとっては大打撃です。
もちろん数年、数十年の話ではなく、数百年、数千年かけて進んでいく現象ですが、影響は甚大です。

実は、地球温暖化が海洋大循環の変化を招き、北半球は寒冷化、低緯度地域と南半球は温暖化という気候変動が起きる可能性も高まっているのですが、そのお話しをすると長くなるので、それはまた機会に。

気になる方は、こちらの記事「温暖化が引き金となる寒冷化のリスクについて」をご覧になるか、さらにく詳しくは著書「迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編」をご覧下さい。



迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編
「迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編」
環境気候エネルギー出版 富永秀一著
定価300円
posted by otomi at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

消防出初式 & 成人式

CIMG3611.JPG

今日は、朝から消防出初式がありました。

CIMG3617.JPG

CIMG3613.JPG

消防活動に貢献して来られた方々や消防分団の表彰がありました。

CIMG3621.JPG

今年も、消防活動、防災活動、どうぞよろしくお願いします。

アトラクションも拝見したかったのですが、先輩議員の皆さんの、「早く移動しないと駐車場がうまる」というアドバイスに従って、成人式の会場へ。

こちらは、アトラクションからはじまりました。
03.jpg

18.JPG

21.jpg

CIMG3632.JPG

20.jpg

22.jpg

ファンクキッドのみなさんの、キレッキレ & 可愛らしいダンス、豊明高校と名古屋短期大学のみなさんのチアリーディングで大いに御祝いムードが高まりました。

CIMG3636.JPG

CIMG3640.JPG

式典はつつがなく進行。やんちゃしたがる若者も少しはいるのかな、と思っていましたが、まったくありませんでした。

来賓の祝辞でも、新成人の誓いの言葉でも触れられたのが、12年前豊明市で起きた母子4人が亡くなった殺人放火事件。被害者の一人が新成人のみなさんの同級生だったのです。

成人を迎えられることが、決して当たり前ではないこと、親御さん、地域の方々はじめ、たくさんの支えがあってこそ、ということが言葉の端々にでてきました。

しっかりとした新成人のみなさん、一緒によりよい社会を作っていきましょう。





ラベル:豊明市 議員
posted by otomi at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

2016年 明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

2015年は私にとって大きな動きがあった年でした。
前年から関わっていたテレビ番組のため、久々にドイツへ取材に行きましたし、4月の統一地方選挙で豊明市議会議員に当選させて頂いて以降は、新たなフィールドで精一杯活動しました。

専門の環境分野では、気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で、先進国だけでなく、新興国、途上国も含めた新たな枠組ができました。

すべての国が自国の目標を達成したとしても、まだ温室効果ガスの削減量は足りないという不十分なものではありますが、まとまらない可能性もあった中で、一応枠組ができ、さらなる改善も可能な形で決着したことで、希望がつながったと言えるでしょう。

今年は、議員としては、早速やってくる予算をはじめとする審議を通じて、「財源を拡大する」「人口を増やす」という、私も選挙中から掲げ、市長も方向としては一致しているはずの目標の実現に向けて、着実に進んでいるかチェックし、さらには提案もしていきたいと思います。

ジャーナリストとしては、議員としてのスケジュールと相談しながらにはなりますが、ブログタイトルにもしている「未来の人類に生命あふれる地球を残す」というスローガン(決定までのいきさつはこちら)に沿った取材活動、講演活動等をしていきたいと思います。


1日には、地元の神社に参拝し、昨日は毎年恒例にしている豊川稲荷と熱田神宮に参拝しました。
04.jpg

去年の写真を整理していて、自分が写っている写真がほとんどないことに気づき、遅まきながら自撮り棒を買って試してみました。上は豊川稲荷にて。

それと今年は、受験生がいるので岡崎市にある岩津天満宮へ。
05.jpg

一日に3か所回れるか心配していましたが、Google Mapの、混雑と信号待ちを避けた、思いもつかないルート案内のおかけで、例年より早い位の時間に参拝を終えられました。


今年は昨年以上の情報発信をめざします。本年もよろしくお願いいたします!







posted by otomi at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

世界的異常気象、観測史上最強のエルニーニョ現象の影響大



 “ゴジラ・エルニーニョ”とも呼ばれている、今回の観測史上最強規模のエルニーニョ。
エルニーニョ自体は過去に何度も繰り返されているわけですが、今回最強となっている背景には、地球温暖化があると考えるのが自然です。

 エルニーニョと気候変動、両方に触れていて、バランスのとれた記事です。

 ただ、最後に“エルニーニョは10月から翌1月にかけて発生する”とありますが、規模が大きいと1年位続くことがありますので、来月で終わりか、と安心しない方がいいです。

 それにしても28度から2日で0度まで下がるとは、猛烈な嵐や竜巻が発生するわけですね。



迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編
「迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編」
環境気候エネルギー出版 富永秀一著
定価300円
posted by otomi at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

歴史的合意 「パリ協定」採択してCOP21閉幕



各国の温室効果ガス削減目標を合わせていっても、気温の上昇2度未満、ましてや1.5度未満など無理ですが、まずは、2009年の大失敗の再現とならず、発展途上国まで含めたすべての国が加わる枠組みができたことは大きな意義があります。

ハイエイタス(気温上昇の一時的停滞)が終わって、今年、これまでのペースからかけ離れた最高気温更新となりそうなことも、議論の後押しになったのでしょう。




posted by otomi at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

有機循環フォーラム2015 原生林が枯れていく!環境省はハンター募集

豊明市と、NPO法人環境研究所豊明主催の、「有機循環フォーラム2015 熊や鹿と共生できますか?」に来ています。

まずは浜島昭二理事長による、「豊明市の有機循環事業」の紹介です。

この後、名古屋大学大学院の高野雅夫教授による、「若い世代が担う里山と山村地域の再生」、そして、日本熊森協会の森山まり子会長による「豊かな森を次世代へ」と続きます。

16:30までの予定ですので、お近くの方、今からでも、よろしければどうぞ。

豊明市商工会館です。

20151128134735926.jpg

20151128133951530.jpg

追記:
日本熊森協会、森山まり子会長のお話は衝撃的でした。
少し前まで人工林の荒廃が問題で、どんどん広葉樹への転換を進めてきたものの、今の大問題は原生林が枯れ始めていることだとのこと。

ハッキリした原因は掴めていないものの、地球温暖化により、ドングリのなる木を好む温暖な地に住む昆虫が増殖していることなどが原因だろうとのこと。

樹齢200年もの巨木がどんどん枯れていて、ドングリがなっていても中身がない確率も増えているとのこと。

山に餌がなくなって熊や鹿など動物が仕方なく里に降りてきているのに、環境省は獣が出てくるのはハンターが減ったからだとして、ハンター募集をやっているそう。

今パブリックコメントで、元暴力団員に銃を持たせるのは、暴力団をやめて3年後がいいですか?5年後がいいですか?と聞いてるということなので、調べたらやってました。

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に対する意見の募集について
http://www.env.go.jp/press/101627.html

環境省ってハンターになろうと呼びかけるのも仕事なんですか。
https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort8/hunter/

マスコミは国にたてつくのを恐れて取り上げない、とのこと。

カナダで虫の被害が拡大して深刻なのは知っていましたが、日本でもそんなに進んでいたとは。
そして環境省はこんな対応をしていたとは。
驚きました。




posted by otomi at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

前後区総合防災訓練

今朝は地元、豊明市の前後区総合防災訓練です。

20151122103757337.jpg
毛布と竹竿や、物干し竿で担架を作る方法です。

20151122112543036.jpg
消火栓からホースを延ばして放水する訓練です。

AEDやチェーンソーの使い方なども訓練しました。






posted by otomi at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

豊明秋まつり!

今日は豊明秋まつりです。
市役所周辺をはじめ、市内各所で様々な催しが行われています。
16時頃までやってますので、お近くの方、どうぞお出かけ下さい。
20151101140054337.jpg20151101140343218.jpg第二駐車場では縁舞祭。20151101140348094.jpg商工会館では女子プロレス。

1446355587347.jpg
勅使水辺公園では、全国都市緑化フェアのサテライト会場として、様々な催しが行われています。

1446356340899.jpg
今は、花男子プロジェクト。


1446355897092.jpg
取得についてスッキリしない面があった彫刻ですが、作品としては好きです。

1446358104350.jpg
文化会館では、生花、絵画、焼き物、書などの展示。こちらは21時までです。

1446359560658.jpg
縁舞祭はクライマックスが近付き、迫力の総踊り。





posted by otomi at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

ふるさと納税 年間9万2千円→2カ月弱で433万円に

10月23日(金)の全員協議会で、市長からふるさと納税の状況について報告がありました。
それによると、10月21日現在で、すでに290件、433万円にのぼっているとのこと。
26年度は3件9万2千円※1にすぎなかったのですが、お礼の品を充実させ、ふるさと納税について検索できる、「ふるさとチョイス」に登録してわずか2カ月弱でこれほどの効果が出ているとのことです。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 愛知県豊明市のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/23229

愛知県外からが多く、227件、愛知県内が63件、うち豊明市内は17件とのことです。

人気の品は、ソーセージ詰合せセット【ヴァルム】、ふるさと豊明自慢のたまご味くらべセット【野村たまご】、名古屋めしギフト!!【寿がきや食品】といったところで、和菓子、洋菓子セットも人気、そして、第16回チャンピオンズカップ(GT)特別席(12/6)【中京競馬場】は登録初日に即日完売だったそうです。

ふるさと納税については、本来の趣旨と違ってきているという批判もありますが、何もしなければ市外に出てしまう所が、市に納税される額が増える訳です。
また、自治体の特産品、特徴を知ってもらう良い機会になっている面もあります。

例えば、豊明市には鉢物の取扱で日本一の愛知豊明花き地方卸売市場があります。

ポインセチア寄席カゴ(農林水産大臣賞受賞品)【豊明花き市場】
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/23229/48522

こうしたことを知ってもらう良い機会にもなっていると思います。
ちなみに、このポインセチアは100件限定ですが、すでに19件申し込まれているそうです。

※1 当初、議事録を見て26年度2件4万円とあったのでそのように記載していましたが、実は3月議会の議事録でその後もう1件あり、最終的には26年度の実績としては9万2千円となっておりましたので、お詫びして訂正いたします。



posted by otomi at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

Windows10から前のOSに戻せるのは1カ月間だけ

Windows10にアップグレードした場合でも、不具合などがあり、前のOSに戻したくなった場合、1カ月以内であればできますが、バックアップのためのデータが1カ月後に自動的に削除されるため、以降は戻せなくなるそうです。

エプソンダイレクト:Windows 10アップグレード インストール手順
http://www.epsondirect.co.jp/support/osupgrade/windows10/install/upgrade/?xmid=edcest151023&xlinkid=03#B3

私も調べてみるとC:にWindows.oldというフォルダはありましたが、いつの間にか中身が消えていました。

消去する前に、「Windows10から元のOSに戻すためのバックアップデータを消去します。よろしいですか? Yes/No」位の問いがあっても良さそうなものだと思います。

別に私は戻したくなるほどの不具合にあっていないので良いのですが、いつでも戻せると思っているといつのまにか期限を過ぎていた、ということがあり得ますのでご注意を。





ラベル:Windws10 win10
posted by otomi at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

政治家が顔入り名前入りカレンダーを無料で渡せば寄付でしょう

琉球新報:島尻氏カレンダー配布 09年、公選法違反の可能性
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-155586.html

自民党の参議院議員で沖縄・北方担当大臣兼科学技術政策担当大臣兼宇宙政策担当大臣の島尻安伊子氏が自身の顔写真、名前入りのカレンダーを配っていたとのこと。

これは明確に公職選挙法違反でしょう。

総務省 寄附の禁止
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo08.html

政治家は選挙区内の人に寄付をすることは禁止されていますし、求めてもいけません。

以前、松島みどり法務大臣(当時)がうちわを配って問題になりました。
産経新聞 国会「うちわ」もめ 紙だけならOK、骨組みありは公選法違反? 微妙な境界、旗色悪い松島氏
http://www.sankei.com/west/news/141011/wst1410110036-n1.html

今回のカレンダーは明らかに利益を供与するものですから、グレーではなく真っ黒だと思います。

沖縄の県選管はカレンダーを渡すことが寄付に当たるか判断できないなどと言っているようですが、ざっと検索した所、栃木県の下野市や足利市のようにWebでハッキリと禁止されていると書いているところもあります。

足利市 「政治活動(寄附の規制)」のQ&A
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/seijikatudoukihunokisei-q.html

総務省も明確に事例を挙げれば良いのにと思います。

島尻氏は後援会の会員に配ったと弁明しているようですが、不特定多数でなくても、対価を払ってもらえば別ですが、無償で渡せば違反でしょう。

後援会の人ならOKという認識なら、飲食の提供や旅行に連れて行ったりもしているのではないかと疑われます。これらも適切な対価をもらっていなければ当然違反です。

ちなみに、地域の祭りに参加して寄付をしたり差し入れをしたりすることも、それを求めることも禁止されています。
秋祭りのシーズンですが、気をつけましょう。



ラベル:公職選挙法 政治
posted by otomi at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする