2015年10月18日

世界の9月平均気温はとんでもなく高かった

そろそろ更新されているかなと気象庁の世界の月平均気温のページを見たところ、9月の情報が掲載されていました。

気象庁:世界の9月平均気温の偏差の経年変化
http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/sep_wld.html
01.png

何と1981〜2010年の30年平均値より0.5度も高い、ダントツの史上最高気温です。
これで月別の史上最高気温の更新は今年に入って9カ月中7カ月、ここ5カ月は連続です。
今年が観測史上最高に暑い年になる可能性はますます高まりました。

それでも、気象庁は普通に情報を更新するだけ。
前も書きましたが、プレスリリース位出して地球環境、気候変動への関心を高める努力をして欲しいと思います。


迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編
「迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編」
環境気候エネルギー出版 富永秀一著
定価300円
posted by otomi at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

トヨタは従来型ガソリン車全廃 生産時CO2排出ゼロへ

トヨタ自動車が環境フォーラムで、2050年に向けた目標として、従来型ガソリン車はほぼ全廃させ、走行時のCO2排出量を2010年から9割削減すると発表したとのことです。

また、生産時のCO2の排出はゼロにするとのことです。

Response:【トヨタ環境フォーラム15】2050年に工場CO2ゼロ目指す…FCVラインは20年までに
http://response.jp/article/2015/10/15/262093.html

など各紙より。

企業向けの講演などで、「CO2削減と言われてももう限界に近い」という方々に対していつも、省エネしか考えないからそうなるのであって、自ら再生可能エネルギーの発電や熱利用をしたり、購入先を再生可能エネルギー中心の所に切り替えていけば、今の事業のやり方をまったく変えなくても勝手にCO2は削減されるし、省エネも同時に進めればさらに早くCO2は減らせますよ、と話をしています。

そして、その業界に合った再生可能エネルギーをお薦めしています。

トヨタのグループ会社からのご依頼の時にもそんなお話しをしていましたが、トヨタ本体がライフサイクル全体でのCO2ゼロを目標にした以上、素材や部品を提供している会社も含めてCO2ゼロにしていくしかないでしょう。

トヨタの場合、すでに取り組んでいる風力発電の拡充に加え、水素の利用に力を入れるようです。
今の主流は天然ガスから水素を作る方法で、このままではCO2ゼロにはなりませんが、トヨタは、バイオマスから水素を取り出す研究にも力を入れていますから、水素の利用でもゼロが目指せるわけです。

トップ企業がこのような高い目標を掲げることは影響が大きく、大いに意味があります。
グループ全体、さらに言えば自動車業界と取引がある企業も含め、CO2ゼロにしなければ取引を打ち切られることを覚悟しなければならない時代に入ったということです。

さぁ、腰を据え、知恵を出して頑張りましょう。






posted by otomi at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

日経ビジネス:世界が100年以内に終わるこれだけの理由

日経ビジネス:世界が100年以内に終わるこれだけの理由
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/book/15/233582/092800006/?P=1

物騒な記事だなと思って見た所、ナオミ・オレスケス、エリック・M・コンウェイ著『こうして、世界は終わる』の紹介でした。

まだ読んでいませんが、同意できる内容が多い本のようです。

世界が終わると言っても人類が滅亡するということではなく、今の文明が崩壊するということで、2093年に世界が壊滅的なダメージを受け、細々と生き残った人々の末裔、300年後の歴史学者がどのように破滅に向かっていったのかを詳細に解説していくというストーリーとのこと。

人類は滅亡はしないものの、今の高度で沢山の人口を支えている文明は崩壊する可能性があることは、私もこれまで何度も書いてきました。

西南極氷床が崩壊し、短期間に数メートルも海面が上昇することは、過去に実際に起きているので今回の人為的温暖化によって起きる可能性は十分あるでしょう。
そうなると億人単位の人口移動が必要となり、大混乱となるでしょう。
大穀倉地帯が失われ、内陸でも極端な気象が続いたり、急激に変化したりする中、安定的な食糧生産が難しくなり、食糧不足が深刻化する可能性があります。

なぜ科学的に予想されていることなのに食い止められないのか、その大きな理由の一つとして、本書では「市場原理主義という信仰」をあげているそうです。

市場に判断させることこそが正義だという風潮があまりにも強く、国連や政府が強引に経済活動にストップをかけることができないということです。

残念なのはこの本では、それに対するわかりやすい回答が提供されていないらしいことです。

ただただ化石燃料を使わせないという方法は難しいでしょう。
ですから、私は6年前に今のお金の制度は残しつつ、超法規的な決済システムを導入して、化石燃料から再生可能エネルギーに速やかに切り替えて危機を乗り切ろうと提言したのです。

再生可能エネルギーを急速に普及させるための提言
http://otomitv.seesaa.net/article/114694984.html

今は、再生可能エネルギーの発電コストがどんどん下がって、原発はもちろん、場合によっては火力発電より安くなってきましたし、多くの雇用を生み、経済活動と再生可能エネルギーへの切り替えは両立すると考える人達が世界的には増えています。

私が提言した方法ほどではないにしても、今の流れが強まっていけば、再生可能エネルギーへの切り替えが順調に進み、気候変動による大きなダメージはあっても、文明の崩壊までには至らずに済むかもしれないと考え始めています。

ただし、単純な温暖化ではなく、地域的な寒冷化が進む可能性もあり、その場合は人類が受けるダメージは相当大きくなってしまうと予想されるのですが、その兆候ではないかとも思える現象が北大西洋の海面温度に表れ始めているのが心配です。

この本は、解決策は分からなくても、現状が楽観できない状況であることを再認識するためにも、一読する価値はありそうです。




迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編
「迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編」
環境気候エネルギー出版 富永秀一著
定価300円
posted by otomi at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

秋篠宮殿下 妃殿下 豊明市ご来訪

23.jpg

秋篠宮殿下、妃殿下が、明日の全国都市緑化あいちフェアでの記念植樹等等のため、愛知県をご訪問中で、今日は、豊明花き地方卸売市場をご視察になりました。

24.jpg

25.jpg

妃殿下は集まった人達の声に応え、会釈をして下さいました。

この全国都市緑化あいちフェアでは、豊明市でも、11月1日(日)に、勅使水辺公園でサテライト会場を開きます。



posted by otomi at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

Windows10にして起きたトラブル、解決記

Windows10にして約10日。
先日、音質が良くなった話は書きましたが、その後いくつか不具合も起きたので、Win10にするか迷っている方、不具合が起きた方のため報告しておきます。

■トラブル1 地上波デジタルの番組をコピーしたブルーレイディスクが見られなくなった
今の所、一番大きい不具合は地上波デジタルの番組をコピーしたブルーレイディスクが見られなくなったことです。
自分で撮影した映像であれば大丈夫です。

これについてはブルーレイ再生ソフトのバージョンが古いことが問題なので、数千円以上コストはかかりますが、Windows10対応のソフトを買えば解決するはずです。

ちなみに2000円程度のソフトを試用してみましたが再生されませんでした。高級版でないと駄目みたいです。

■トラブル2 CD/DVD/ブルーレイディスクドライブが認識されなくなった
色々試していたせいか、昨日、CD/DVD/ブルーレイディスクドライブが認識されなくなっていました。
これはWindows10にしたことで発生することがあるトラブルの一つのようで、マイクロソフトのコミュニティのページにも対応策が載っていました。

Windows 10 へアップグレード後、 光学ドライブ (DVD/Blu-ray) が認識されない場合の対処法
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-hardware/windows-10/11df7c10-6e34-46a6-a94d-e3327c70d724?auth=1

このページの対処法2と3によってこの問題は解決しました。
やることは簡単ですが、レジストリをいじるので、自信のない人には心理的ハードルが高いかもしれません。

■トラブル3 パソコンでテレビ番組を見られるようにする機器が起動しなくなった
また、パソコンで地デジやBSデジタル放送などが見られるようにする機器、I・O DATAのGV-MVP/XZ3を使っているのですが、これが起動しなくなりました。

しかし、ドライバーやソフトをアンインストール、再インストールした所、放送を見たり、録画したりはできるようになりました。
ただし、録画した番組を再生することができません。
記録はされているので、DVDなどにダビングして見るか、DTCP-IPサーバーを通じて見ることになります。

実は、このDTCP-IPサーバーを通じて見られることに気付いたのはWin10にしてトラブルがあったからで、ブルーレイが見られなくて困っていた時に、HDDレコーダーにこの機能が付いていることに気付きました。

いつも持ち歩いている、タブレットにもなるノートパソコンに対応アプリを入れた所、HDDレコーダーに記録した番組がハイビジョンのまま、寝室でも、浴室でも(チャック付きポリ袋に入れて)見られるようになり、非常に便利です。

そして、GV-MVP/XZ3のインストールディスクにも、DTCP-IPサーバーのソフトが入っていたことに気付き、こちらで録画した番組も、ノートパソコンで見られるようにしました。

怪我の功名という感じで便利になりました。

■トラブル4 Web制作ソフトが毎回再インストールを求めるようになった
しかし、昨日、もう一つトラブルが発生しました。

Web制作に使っているソフトが、シリアルナンバーを認識しなくなったようで、再インストールを求められ、アンインストール、再インストールをすると作業できますが、一度終了すると、登録情報が保持されず、また再インストールを求めてきます。

これは面倒なので、ソフトを換えるなど対処が必要なようです。

ということで、幾つかトラブルが発生していますが、重要な機器がまったく使えなくなるなど深刻な状態にはなっていないので、今のところ、このまま使ってみようと思っています。




posted by otomi at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

Windows10 にしたら音が良くなった!?

Windows10がリリースされて以降もしばらく様子を見ていましたが、プリンター関連のドライバーアップデートを求められたので、この際、Windows10にアップグレードしてみることにしました。

時間がかなりかかったものの、無事更新され、今のところ、特に不具合なく使えています。

一つ気付いたのが音質の向上です。

WinanpというソフトでMP3ファイルを再生してみると、明らかにアップグレード前より、音の広がり、透明感、高音の伸びが向上しているのです。

早速ググってみましたが、それらしい記述は見あたりません。

気のせいでしょうか?

もしかしてCDも、と思って良く聞くCDを再生してみましたが、こちらはあまり変わりない感じ。

よく分かりませんが、最近Winanpで再生した音が悪くなった気がしていたので、何らかの不具合が起きていて、再生はされるもののエラーを補正した甘い音になっていたのかもしれません。

それがアップグレードによって直ったために音質が改善して聞こえるのかもしれません。

デバイスマネージャーを見てみるとシステムデバイスのHigh Definition Audioコントローラーが更新されているので、これがMP3ファイルの再生音質を向上させたのかなと思いましたが、調べてみるとサウンドボードのドライバーは、Realtek High Definition Audio だったので無関係のようでした。

このドライバーも最新の物が出ていたのでついでにインストール。
すると情報量が増えた感じできめ細かくなって、さらに音質向上!
もしかして、今度はCDも、と思って聞いてみると、こちらはあまり変わらず。

よく分かりませんが、とにかく今のところ、不具合がなくて音が良くなったので、アップグレードして良かった感じです。





posted by otomi at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

FirefoxでのEvernote Web Clipperのエラーが直った

最近、ブラウザはほとんどFirefoxを使っています。

以前は使っている内に段々動作が重くなってくるので、Chromeに乗り換え、また重くなってはFirefoxに戻り、を繰り返していましたが、UnloadTab というアドオンを入れて以来、使っていないタブの動作を止めてくれるので、大量のタブを開いたまま使い続けていてもあまり重くならないため、乗り換える必要がなくなったのです。

ただ、Evernote Web Clipper のアドオンにバグがあり、Webページの広告等をカットし、記事だけの状態にしてEvernoteに保存できる「簡易版の記事」にして保存しようとすると、かなりの頻度で、[Exception... "File error: Not found" nsresult: "0x80520012 (NS_ERROR_FILE_NOT_FOUND)" location: "JS frame :: resource://gre/modules/commonjs/toolkit/loader.js -> resource://e0b8c461-f8fb-49b4-8373-fe32e9252800/web_clipper/lib/net.js :: sendXhrBinary :: line 132" data: no] といったエラー表示が出て動作しませんでした。

そこで仕方なく、Evernoteに保存したいページだけChromeで表示してクリップして対応していました。

しかし、面倒なので調べてみると、
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/evernote-web-clipper/versions/
このページにあるテスト版のバージョン 6.1ならエラーが出ないという証言があり、早速入れ直してみました。
すると、無事、「簡易版の記事」で保存できました。

ただし、複数ページに渡る記事も、1ページにまとめてくれる機能はFirefoxではやはり動作しませんでした。
その場合は今のところ、やはりChromeでクリップするしかなさそうです。





posted by otomi at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

防災・水防訓練

朝から豊明市の防災・水防訓練がありました。
CIMG0011.JPG

AED(自動体外式除細動器)の使い方や、消火栓からホースをつなげて放水する方法、土のうの作り方、並べ方、発電機の動かし方、ハソリという大鍋で炊き出しをする方法などをグループに分かれて交代で体験しました。
CIMG1635.JPG
CIMG0017.JPG
CIMG0020.JPG
CIMG0025.JPG
CIMG0026.JPG
CIMG0029.JPG

また、静岡県が開発したHUGという、避難所の運営にあたって起きてくる問題をシミュレーションするゲームにも取り組みました。
CIMG1637.JPG
CIMG1638.JPG

いざという時でも慌てず行動するためにも、こうした訓練には、積極的に参加して欲しいと思います。





ラベル:豊明市 議員
posted by otomi at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

7月も世界の平均気温は過去最高 今年は最も暑い年へ

気象庁:世界の7月平均気温の偏差の経年変化(1891〜2015年:速報値)
http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/jul_wld.html

01.png

7月の世界の平均気温は、1981〜2010年の30年平均より0.38度高く、1891年以降で最も暑い7月でした。

今年は、2月と4月が第3位だっただけで、それ以外はすべての月で過去最高の平均気温となっていて、今年が観測史上最も暑い年となる見込みが強くなっています。

去年、2014年は16年ぶりに世界の年平均気温の最高値が更新され、いよいよハイエイタス(世界平均気温上昇の停滞現象)が終わり、上昇期に入るのではないかという見方が出始めましたが、2年連続で、しかも大幅な更新となれば、ますますその可能性が高まります。

それにしても相変わらず日本ではこうした報道がほとんどされません。
気象庁はせめて報道発表位して欲しいと思います。



迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編
「迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編」
環境気候エネルギー出版 富永秀一著
定価300円
posted by otomi at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

第60回愛知県消防操法大会

愛知県豊川市で開かれた、第60回愛知県消防操法大会に出場した豊明市のチーム(第7分団)の応援に、建設消防委員会の議員として行ってきました。

CIMG1612.JPG
CIMG1613.JPG
出場前に激励する市長、議長。

操法の様子は写真より動きがあった方が良いと思い、動画で撮影しました。
隙間からのぞくような状態で見づらいのはご容赦下さい。


メモリーが少なく、最後の最後までは撮れていません。済みません。

正式な結果はまだ届いていませんが、とにかく暑い日が続く中での長期間の練習、本当にお疲れ様でした。






ラベル:消防操法 豊明市
posted by otomi at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

豊明まつり花火

CIMG1601.JPG

昨日、今日と開かれた豊明まつり。
終盤を彩った花火です。

CIMG1609.JPG

〈写真追加〉
女の子の顔。ちびまる子ちゃん? 凄い技術です。
CIMG1597.JPG



ラベル:豊明市 花火
posted by otomi at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食虫植物ナガバノイシモチソウ一般公開

豊明市の天然記念物、ナガバノイシモチソウの自生地と大狭間湿地の一般公開があったので行ってきました。

_DSC0479.JPG

付近に漂うにおいは何だろうと思っていたら、ナガバノイシモチソウが、虫をおびき寄せるために出しているのでした。
白いナガバノイシモチソウはあっても、赤い花の自生地はほとんどないそうで、愛知県の天然記念物に指定され、保護されています。

_DSC0480.JPG

花の最盛期に合わせて、8月の数日間だけ一般公開されています。

_DSC0481.JPG

これがナガバノイシモチソウです。
白っぽい繊毛がわかりますでしょうか。
ネバネバした液が付いていて、虫を捕らえ、栄養分にします。
そのため、土に栄養分の少ない湿地でも生きられるということです。

_DSC0488.JPG

一杯咲いています。
_DSC0494.JPG

キチョウが捕まっていました。


サギソウとシラタマホシクサも咲いていました。
_DSC0492.JPG

近くの豊明高校の生徒さんが、ナガバノイシモチソウについて、紙芝居で説明してくれました。
CIMG1568.JPG

近くの大狭間湿地も年に数日一般公開されます。昨日(8月1日)と今日は自生地と同時の公開です。

_DSC0497.JPG
_DSC0498.JPG

体長2cm程の超ミニサイズのトンボ、ハッチョウトンボ。
_DSC0517.JPG

ミズギボウシ。
_DSC0522.JPG

食虫植物、トウカイコモウセンゴケ。
_DSC0526.JPG

同時公開は終わりましたが、ナガバノイシモチソウの自生地は明日と、今月29日、30日、大狭間湿地は、9月19日、20日にも公開されます。





posted by otomi at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

愛知県消防操法大会出場分団の訓練激励会

DSC_1526[1].JPG

8月8日(土)に豊川市で開催される愛知県消防操法大会に出場する第7分団の訓練を激励する会が今朝8時30分からありました。

DSC_1527[1].JPG

「豊明市議会について & 初めて見た消防操法」
http://otomitv.seesaa.net/article/419123925.html

でも書きましたが、消防操法というのは、ポンプ車からホースを3本つなげて延ばし、火災地点を想定した標的めがけて放水するものです。

DSC_1528[1].JPG

迅速さだけでなく、ホースを転がして広げた時、真っ直ぐ延びているか、一つ一つの動作が確実に行われているかなどの評価も行われます。

DSC_1529[1].JPG

1線終わると、もう1線延ばしていきます。

DSC_1531[1].JPG
DSC_1534[1].JPG

5月17日の時点でも、1線60秒あまり、2線72秒あまりの計133秒は7つの分団中トップでしたが、今日は、1線52秒、2線63秒と、大幅にタイムが向上。
早朝、或いは夜の日々の訓練の成果があらわれていました。

あとは猛暑の中ですが、体調をしっかり管理して本番で力を発揮して頂きたいと思います。




ラベル:豊明市 議員
posted by otomi at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

阿野区 前後区 夏祭り

夏祭りのシーズンです。

豊明市の阿野区の夏祭りでは、友好自治体の豊根村の物産展があるということで伺いました。

DSC_1519[1].JPG
DSC_1520[1].JPG

五平餅とトウモロコシを購入させていただきました。

DSC_1521[1].JPG

また、地元前後区でも今日、明日と夏祭り。

今年から、市議会議員が区の相談役になるという習慣がなくなったので、正式に呼ばれたり、役割があるわけではありませんが、ご挨拶に伺いました。

市長、正副議長、県会議員は一緒に各地の夏祭りの会場を回っておられるとのこと。

DSC_1522[1].JPG
DSC_1523[1].JPG
DSC_1524[1].JPG

ここが7か所目、あと2か所回られるとのこと。
お疲れ様です。

この機会だからと、前後駅周辺の事で色々ご要望、ご提案を下さる方もいらっしゃいました。
ありがとうございます。

祭りを盛り上げるためご尽力下さった皆さん、お疲れ様でございます。
暑い中大変ですが、明日もよろしくお願いいたします。




ラベル:豊明市 議員
posted by otomi at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

豊根村を訪問 30年住めば菜園付き一戸建て住宅差し上げます パルとよねが無料 など

昨日、今日と豊明市議会ほぼ全議員で愛知県豊根村を訪問してきました。

1977年以来、豊明市と友好自治体として交流が続いていて、茶臼山の中腹には豊明市の野外教育センターがあります。
しかし、浄化槽の老朽化や耐震性の問題などから利用が中止されていて、建て替えなどの計画が進んでいたものの、巨額の費用がかかるとして、新市長の方針により計画が中止となりました。

今回の選挙前の議会ではありますが、再建計画に向けた予算を認めていたこともあり、今後も友好自治体としての交流を重視している姿勢を伝えるため、また豊根村の良さを知って、豊明市民に伝えていくために、今回、私費で訪問しようということになったのです。

まずは温泉施設パルとよねで昼食。
※追記 7月18日から豊明市民は無料になりました。
https://www.city.toyoake.lg.jp/siminkyodo/friendship/toyoneonsen.pdf

その後、村役場へ。
http://www.yume-sma.com/chausuyama_pal/

CIMG1515.JPG
豊根村役場

CIMG1508.JPG
議場などを見学

豊根村は北は長野県、東は静岡県に面した、愛知県最北東部にある、人口1,213人の村です。

森林資源に恵まれていて、市役所入り口横には、木質ペレットと、ペレットストーブが展示されていました。
CIMG1512.JPG
CIMG1513.JPG

とよね木質ペレット
http://www.vill.toyone.aichi.jp/wood/pellet/pellet.htm

続いて大入の里(おおにゅうのさと)へ。
CIMG1517.JPG
CIMG1519.JPG
ここは自然体験参加型施設で、五平餅作り、アマゴつかみ、地バチの巣探しなどが体験でき、20名まで宿泊もできます。

CIMG1521.JPG

また貸別荘もあります。
http://www.shokokai.or.jp/23/235631S0003/index.htm

CIMG1523.JPG
CIMG1524.JPG

続いて、譲渡型定住促進住宅へ。

木造2階建て、2台分の駐車場、30坪の菜園付き住宅が、30年住み続けると無償で自分の家になるというものです。

CIMG1528.JPG

それまでは月に3万円の家賃がかかりますが、中学生以下の子どもがいる場合1人あたり3000円割引されます。
世帯主が40歳以下で、5年以上継続して居住できるなど幾つかの条件があります。

CIMG1529.JPG
CIMG1530.JPG

ここに住んで豊田市に通っている人もいるそうです。
最後の1戸が募集中ですので、ご興味のある方はお早めに。
http://www.vill.toyone.aichi.jp/cms/?p=569

今度は道の駅グリーンポート宮嶋へ。
この4月にリューアルオープンしたばかり。
CIMG1533.JPG
CIMG1535.JPG

CIMG1537.JPG
あいにく休館日でしたが、翌朝訪れて、コーヒーを頂きました。
「俺のカレー」「私のカレー」「ダムカレー」などユニークなメニューがあり、今度は昼時に伺いたいと思います。

そして、野外教育センターへ。
CIMG1539.JPG
CIMG1542.JPG
男子宿泊棟。

CIMG1543.JPG
CIMG1545.JPG
女子宿泊棟。

CIMG1541.JPG
炊事棟。

CIMG1547.JPG
テント場。

CIMG1550.JPG
奥の広場でキャンプファイヤーをやったとのこと。

中止となった今の計画そのままでの復活は難しいでしょうが、浄化槽などどうしても必要な施設の改修等でキャンプ場は活かす、他の自治体との共用にする、PFI(民間資金等の活用による公共施設等の整備)で豊明市の利用は優先させながらも幅広い活用を目指すなど、色々な方法が考えられるようにも思います。

夕食、宿泊はいこいの里。
http://www.1000webapart.com/ikoinosato/index.html

豊根村議会の皆さんと会食し、意見交換。
若者センターの大部屋で泊まりました。
http://www.1000webapart.com/ikoinosato/wakamono.html

今日は台風11号接近により、通行止めになるおそれがあるため、富山(とみやま)地区を訪れるのは断念し、新豊根ダムへ。

DSC_1502[1].JPG
DSC_1503[1].JPG
DSC_1505[1].JPG
高さ116.5メートルとのこと。

夜から悪天候になってしまったのは残念でしたが、有意義な時間となりました。
議員活動にも活かしていきたいですし、プライベートでもまた訪れたいと思います。







posted by otomi at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

新国立競技場はあえて詳細なコスト計算をしなかった疑い

最近、悪い意味で話題の新国立競技場。

昨日、「新国立競技場 コスト確認せず決定か」というニュースが流れました。
NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150710/k10010146211000.html

それを受け、私は
「「技術調査」の時にコストをチェックする仕組みにしていなかった、又はその時無理なら別に「コスト調査」を行わなかった事が問題ですね。決定までの仕組みを決めた人に責任ありでしょう。 」
ツイートしました。

実際どうなのか、JSC(日本スポーツ振興センター)のWebサイトに公開されている資料から分かる範囲で調べてみて、驚きました。

新国立競技場 国際デザイン・コンクール報告書のP54に技術調査の内容が書いてあります。
http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/Portals/0/compe/20140530_compereport_3_shinsagaiyo.pdf

【技術調査における確認事項】の 1)のEで、「事業費及び工期に関する考え方」のうち、工期に関することとあり、あえて、事業費を検討しないよう定めているのです。

では、デザイン決定までに、あらためて専門家によって事業費の検討を行ったのかと探してみましたが、その形跡はありません。

とにかく2019年のラグビーワールドカップに間に合わせるため、工期が延びることは許されないが、事業費はそれほど気にしなくて良いという形で進められたようです。

そのため、第3回審査委員会/二次審査で、同資料のP62で、ザハ・ハディド氏の作品17についての意見で、
「技術的には可能だろうが、コストがかかることが懸念される」という指摘が出ても、確証を持って、予算内では無理だということは誰もできず、そのままこの作品が選ばれてしまったのです。

その後、国立競技場将来構想有識者会議の第4回(平成25年11月26日)の資料3「今後の設計の進め方(案)」を見ると、JSCは、建設コストや将来的な運営維持、財政面を踏まえつつ、設計者、実務者と協議し、要望事項の設計への反映に努めるとあるので、やはり、今回の大幅予算オーバーの責任は、第一にJSC、次いで協議してきた文部科学省ということになるのでしょう。

私は、2019年のラグビーワールドカップは別の会場でやってもらってでも、審査過程で「完成度が高い」「実現可能性が高い」と評価されている、次点のコックス・アーキテクチャーのデザインに切り替えて、設計、事業費計算からやり直した方が良いと思います。






posted by otomi at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

マルハナバチの個体数と分布範囲の減少、気候変動が影響



ネオニコチノイド系農薬の影響を否定するものではなく、気候変動も個体数減少の原因になっているという調査結果。

北米と欧州に生息するマルハナバチ67種に関する記録50万件近くを調査したところ、南方の分布範囲が300キロにわたって消失していたことがわかったとのこと。

これは年平均9キロのペースで、より冷涼な地域への移動はうまくいっておらず、局所的には絶滅に追い込まれた地域もあるそうです。

約3500万年に登場したということは、大規模な気候変動も乗り越えて来ているので、マルハナバチ全体が絶滅することはないでしょうが、受粉の担い手が減ることは農作物の生産量に影響し、食糧価格を押し上げる要因となります。



posted by otomi at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

Chrome.exeを退治してパソコンがよみがえった!

主に講演用に使用している少し古いノートパソコンの処理速度がどんどん落ちてきて、特にブラウザを立ち上げる時に何分もかかるようになってきたので、半年くらい前にブラウザをChromeからFirefoxに変えました。

しばらくは以前よりましになったのですが、ここのところまたどんどんひどくなってきたため、タスクマネージャーで確認した所、再起動した直後で一つもアプリを立ち上げていないのに空きメモリがゼロ。
11.JPG

何がそんなにメモリを食っているのかとプロセスを確認した所、Chromeを立ち上げてもいないのに、Chrome.exeが8つも動作していて、数百メガバイトも消費。

これは許せぬとChromeをアンインストールしようかと思いましたが、その前に一応調べてみたら、こんなページが。

KOKAのつぶやき
「Windows シャットダウン時に Google Chrome でバックグラウンド処理指定したアプリ(拡張機能)が軒並みクラッシュ」
http://koka60.jugem.jp/?eid=4091

このページに出ていた症状と似ていたので常駐アプリを見たところ、Google Chromeがあり、プロパティを見ると、確かにバックグラウンドでの動作を許可していることになっています。
12.JPG

それをはずすと、あっという間にずらりと並んでいたChrome.exeが消え、空きメモリが増えました。

それ以降のパソコンの動作が機敏なこと!
サクサクと10倍速になった感じ。

もしかしてと思い、最近動作が遅い新しい方のノートパソコンも確認したところ、やはりChromeがバックグラウンドで動作。早速対処しました。

最近パソコンが遅いとお感じの方、一度チェックしてみてはいかがでしょう。



ラベル:パソコン CHROME
posted by otomi at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

世界が温暖化していく本当の原因がビックリするぐらいよくわかるグラフ

Gigazine
「世界が温暖化していく本当の原因がビックリするぐらいよくわかるグラフ」
http://gigazine.net/news/20150626-what-warming-the-world/

これは分かりやすいグラフです。

元はこちらのBloomberg Businessの記事「What's Really Warming the World? 」です。
http://www.bloomberg.com/graphics/2015-whats-warming-the-world/

下向きのマークをクリックしていくと次々と地球の公転軌道、太陽の活動、火山活動などの平均気温への影響を示すグラフが出てきて、結局、人間が出す温室効果ガスの影響を除くと現在起きている気温上昇を説明できないことがわかります。

冒頭の記事はその内容が日本語で解説されています。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書(日本語版)と内容は一緒ですが、見せ方の工夫で理解しやすくなっています。

アメリカで、いまだに温暖化、気候変動を信じない人がいるのは、宗教的な理由が大きいそうです。

今の異常現象は神が与えた試練で、神を信じていれば、自然に元に戻ると大まじめに信じている人が特に南部に相当数いるようなのです。

日本では、一見科学的に見える、いわゆる疑似科学や、陰謀論を本やテレビなどを見て本気にしてしまうケースが多いようです。

疑似科学の見分け方は、産業技術総合研究所 太陽光発電工学研究センター 主任研究員の櫻井啓一郎氏がまとめておられる、「ニセ科学の見分け方」が分かりやすいと思います。

地球温暖化や気候変動に関して判断がつかない方は、特に30ページ以降をご覧になるとすっきりすると思います。




迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編
「迫り来る気候変動の恐怖 〜地球温暖化が招く未曾有の危機〜 後編」
環境気候エネルギー出版 富永秀一著
定価300円
posted by otomi at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

中国の再生可能エネルギーシフトは本気ですよ。

PUNTA
「本気で再生可能エネルギーにシフト?!中国・太陽エネルギー事情」
http://punta.jp/archives/38700

4月に発表された中国のエネルギー戦略を立てる研究所が発表した、2050年までの再生可能エネルギーの普及計画「CHINA 2050 HIGH RENEWABLE ENERGY PENETRATION SCENARIO AND ROADMAP STUDY」を元にした記事。

元のリポートはこちら。
http://www.rff.org/Documents/Events/150420-Zhongying-ChinaEnergyRoadmap-Slides.pdf

2050年までに太陽光による発電量を28%に、風力を35%に、再生可能エネルギー全体で86%にするというものです。

02.jpg

真昼の電気は大半を太陽光発電でまかなうという大胆なシナリオです。
一見大丈夫かなと思いますが、ガスや石炭の火力、および水力発電などの出力調整、揚水発電の活用、さらにEVの充放電による平準化も考えてあり、技術的にも経済的にも可能と分析しています。

ちなみに、こうしてみると分かるように出力調整に向かない原発は邪魔でしかないのですが、核保有国としては、大幅に増やすつもりはないものの、なくすこともできないということでしょう。
これは、世界的な核廃絶が進んでいけば変わっていくでしょう。

こうしてみるとあらためて日本のエネルギー政策の後進性が際立ちます。



posted by otomi at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする