2018年07月08日

ひまわりバス新路線に関する意見交換会

 最近、というかかなり前から、様々な会合に出る等しても、後でまとめて記事にしようと思っていてタイミングを逃し、お蔵入りするケースが続いていました。

 そこで、以前やっていたように、取りあえずTwitterでの即時の情報発信を中心にして、あとでブログにツイートをまとめる形にしようと思います。

全文がご覧になりたい場合は、こちら
フォローはこちらから


  • 愛知県豊明市内のコミュニティバス、ひまわりバスの路線が大きく変わることについての意見交換会に来てきます。 pic.twitter.com/tVZEzt06BV posted at 09:32:09




  • 豊明市のひまわりバスの新路線に関する意見交換会、30名弱の方々が、参加されています。 新路線ではバスが行かない地域ができるので、地域路線が必要になります。 今月から仙人塚地区で始まる乗り合い送迎サービスが成功するかが重要です。 pic.twitter.com/og4YbyLn1T posted at 10:08:59




  • 午後の部の参加者は十数人です。 午前中も午後も、福祉体育館を通る時間が不便という声が多く出ています。こうした、利用者ならではの声が貴重。 pic.twitter.com/2x1T5LL88O posted at 15:13:29










posted by otomi at 20:27| Comment(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

仙人塚地区(愛知県豊明市)で乗り合い送迎サービス試験運行

 地元も地元、私も住んでいる愛知県豊明市の仙人塚地区で「地域住民健康増進のための乗り合い送迎サービス」の試験運行が行われます。

 仙人塚地区は起伏が多く、丘の上の方にお住まいで、若い頃は良かったものの、高齢となり、買い物などのため降りていくのは良いけれど、帰りの坂道が辛い、という思いをしている人たちがたくさんいます。

 しかも道が狭いため、バスが入って行くことができません。

 そこでアイシン精機が、豊明市の支援のもと、大きめのワンボックスカーを使った、デマンド型乗合送迎サービスの試験運行を行うことになりました。

 あらかじめ会員登録をして、利用したい日時の一週間前から当日の30分前までに電話で予約し、自宅に近い指定停留所から乗り、目的地又はそこに近い指定の停留所まで乗って行く、あるいは逆に帰って行く形です。
利用できるのは平日の午前9時から午後4時までです。

 利用者ごとの乗りたい場所、降りたい場所をうまく組み合わせ、乗り合いで、効率良く運行することを想定しています。

 24時間営業の店があるスギ薬局をはじめ、フィットネスジム、スーパー、病院などがスポンサーとなって、そうした場所が指定の停留所となります。

 今年7月下旬から12月下旬まで試験運行を行い、来年からは、利用者に若干の負担をしてもらう有償での運行を行う予定となっています。

 このサービスの特徴が、健康増進のためと謳っていることで、高齢者にとって外出することは、それ自体が健康寿命を延ばすことにつながっていくため、自宅に近い場所で乗り降りできる便利な交通手段を使って、どんどん外出してもらおうという試みです。

 対象地区の皆さんには、是非積極的に試験運行に参加してもらい、使い勝手を確認し、改善すべき点などがあれば、教えていただきたいと思います。

詳しくはこちら
仙人塚地区における「地域住民健康増進のための乗合送迎サービス」試験運行計画






posted by otomi at 09:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

6月8日(金)に一般質問をします

 豊明市議会の6月定例月議会で、6月8日(金)の1人目で一般質問します。お近くの方、よろしければ傍聴にお越し下さい。
録画中継でもご覧になれます。

https://www.youtube.com/channel/UCvPY5woiJGV6B4CxLqHAScw/videos

 今回の質問は4件です。

 1件目は「さらなる医療費削減努力を」です。

 国民健康保険税が上昇しています。根本的には医療費の増大が原因です。

そこで医療費削減の努力について聞きます。

 私からは主に3つ提案します。

 特定健診の受診率を向上させることは、病気の早期発見につながり、医療費の抑制につながると考えられます。そこで、特定健診を受診した場合に保険税を割り引くことができないか聞きます。

 また、お薬手帳が、残薬問題や薬の重複などを防ぐために有効ですが、なくしたり、忘れたりしやすい問題があります。そこで、スマートフォンのアプリで使える電子お薬手帳を推奨する考えはないか聞きます。

 さらには、こども医療費無料化制度が、一部の人たちによる過剰受診などを招いていることから、所得によっては、1回数百円の一部負担金を導入するなど見直す考えはないか聞きます。

07.jpg


 2件目は、「待機児童解消に向けてさらなる取り組みを」です。

 健康福祉委員会で所管事務調査として取ったアンケートに、保育所の問題で悩む深刻な声が多数寄せられました。
 「第7希望まで全部外れた」「年度途中では入れないので4月入所に合わせて育休を削ってゼロ歳児で預けた」など、胸が痛む記述が溢れていました。
 また、祝日に預けたい、もっと朝早く、夜遅くまで預かって欲しい、3歳未満の子を保育園に預けていて、下の子が生まれた場合、育休に入るなら、預けている上の子を退園させなければならないという、いわゆる育休退園制度をやめて欲しいなど、当面の待機児童を解消するだけでなく、定員に余裕ができないと解決できないようなニーズもかなりあることがわかりました。

 そこで、委員会の指摘や要望を受けて、またはそれ以外で、待機児童対策や保育環境の改善策として取り組んだこと、決めたことがあるか聞きます。

 また、幼稚園で2歳児から預かり保育も含めて8時間程度預かることができるようになったので、市内の幼稚園に働きかけをする考えはないか聞きます。

 そして、様々な保育の問題の早期の解決、改善に有効だと思われる、家庭的保育事業、いわゆる保育ママの導入を検討する考えがないか聞きます。

11.jpg


 3件目は、「オンデマンド印刷機を導入しては」です。

 版を作らず、必要な時に必要な部数だけ冊子を印刷できる、オンデマンド印刷機を導入して、コスト削減、紙資源節約を図る考えがないかききます。

12 .jpg


 4件目は、「市内のAEDの位置が速やかに分かるマップを」です。

 市内のAEDを設置している場所を紹介する、市のWebページを見ると、設置場所の表はあるものの、地図については二つの外部サイトをする形になっていて、そのどちらもが、表にある設置箇所を網羅しておらず、間違っているところもありました。

 一方で、全国で27万カ所以上網羅していて、スマートフォンのアプリでも使える、恐らく日本で一番充実しているサイトへのリンクはありませんでした。

 紹介する以上、自ら情報を登録するなどして、把握できている全地点が地図で見られるようにする考えはないか、また、民間とはいえ、使い勝手が良く、情報も多いサイトも紹介する考えはないか聞きます。

14 .jpg







 
posted by otomi at 10:00| Comment(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

とみなが秀一政策研究会だより第13号

 とみなが秀一政策研究会だよりの第13号を発行しました。

 印刷ができ次第、新聞折込をする予定ですが、一足先に公開します。

201805会報13号.pdf


・予算の立て方 入札方法に改革を
・高齢者運転免許自主返納サポーターへの協力をお願いしては
・介護ロボットの導入補助を
・自治体クラウド導入計画策定は
・さらなる広域化や広域連携と情報システムのクラウド化は
・核兵器禁止条約の署名・批准を求める意見書否決
・予算特別委員会より
・あの件その後どうなった?(水上メガソーラー・図書館照明LED化)
・平成29年6月~12月議会の主な活動
・議会人事





posted by otomi at 22:53| Comment(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

核兵器禁止条約の署名・批准を求める意見書否決される

 可決されなかった意見書は議会のWebサイトに掲載されないので保存のため載せておきます。
 豊明市議会の平成30年3月定例月議会最終日に、核兵器禁止条約の署名・批准を求める意見書を提出しましたが、残念ながら賛成少数により否決されました。

 核兵器禁止条約の署名・批准を求める意見書
03.jpg

 私の討論です。






posted by otomi at 19:26| Comment(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

2月28日(水)に一般質問をします

 豊明市議会の3月定例月議会で、2月28日(水)の2人目で一般質問します。お近くの方、よろしければ傍聴にお越し下さい。
ライブ中継もされ、録画でもご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCvPY5woiJGV6B4CxLqHAScw

 今回の質問は4件です。

 1件目は、会報でも予告した「もっと効率的な予算執行を」です。

 たった1室の空調をするために、必要以上の性能を持つ機器を想定し、機器の価格も高く見積り、入札においては、その高い想定すら大幅に超える予定価格を設定し、比較的安い価格で入札した業者は最低制限価格以下で落札できず、結果として、800万円以上かけているケースがありました。
 一事が万事、このようなことが他でも行われているのではないかと思われるため、もっと効率的な予算執行ができないのか聞きます。

14 .jpg

 2件目は「国から求められている自治体クラウド導入計画策定への対応は」です。

 国は昨年11月、「地方公共団体におけるクラウド導入に係るロードマップ」を策定し公表しました。
 それによると、地方公共団体は自治体クラウドの導入等計画を策定し、クラウド化計画のある団体は計画的に移行、計画のない団体はクラウド化に着手、また、すでにあるクラウドグループは拡大するなどし、いずれ全団体でクラウドを導入すると定めています。
 そこで、当市の計画策定状況や予定はどのようになっているか聞きます。

15 .jpg

 3件目は「高齢者運転免許自主返納サポーターとなってもらえるように呼びかけては」

 愛知県警は、高齢者による交通事故を抑止する取り組みとして、65歳以上で、運転免許証を自主返納した方が交付を申請できる運転経歴証明書などを提示すると、割引などの特典が受けられる、高齢者交通安全サポート制度を実施しています。
 豊明市も、運転免許証を自主返納する65歳以上の市民にひまわりバスの定期券引換券を発行する事業を行っていて、そのことを紹介するWebのページで高齢者交通安全サポート制度についても紹介し、「割引等の特典を受けることができる」としています。
 しかし、周辺の自治体では、タクシー、自転車店、飲食店等の割引が受けられるのに対し、豊明市内では、県内共通の店を除くと、独自でサービスを受けられる店がない、寂しい状況です。
 そこで、高齢の市民に運転免許証の返納を積極的に考えて頂くためにも、市内の事業者にサポーターになって頂けるよう働きかける考えはないか聞きます。

16 .jpg

 4件目は、「介護ロボットの導入補助を」です。

 豊明市内に高齢者の介護や自立を支援するロボットを開発する拠点ができ、最先端の研究が行われています。
4月からはさらに拡大された研究拠点が、やはり市内に開設されます。
 ロボットは実際に使ってもらえることが重要で、介護離職を防ぎ、医療・介護従事者の勤務環境改善につながり、さらなる開発も促進させます。
 現在、愛知県が、介護保険事業所が介護ロボットを導入する場合に補助金を出していますし、来年度予算にも拡充して計上されています。
 当市としても、ロボット産業のさらなる誘致につなげるためにも、市内の医療・介護事業者や支援が必要な方への、介護ロボット導入補助を行う考えはないか聞きます。

19 .jpg




posted by otomi at 23:06| Comment(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

とみなが秀一政策研究会だより第12号

 とみなが秀一政策研究会だよりの第12号を発行しました。

 印刷ができ次第、地元の地区を中心に新聞折込をする予定ですが、一足先に公開します。

201802会報12号.pdf

・学校図書室空調設置に800万円!
・文化会館天井改修工事変更納得できる説明得られず反対
・南部教育支援センター開設は良いが予算の使い方に問題あり
・南海トラフ地震の際の給水体制は万全か
・待機児童緊急事態宣言はせず
・豪雨前に池の水位を下げて
・臨時の南海トラフ地震に関連する情報が出たら
・議会の力を落とさない

 豊明市内の方で、確実に届けて欲しいという方はこちらから、メッセージをお送り下さい。




posted by otomi at 23:13| Comment(0) | 政策研究会 豊明市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

速度一定より回転数一定の方がエコドライブ

 昨日は、札幌市で省エネになる運転方法、エコドライブについて講演しました。

 まずは、なぜエコドライブが求められるのか、その背景、動機付けとなる、地球温暖化、気候変動の話から入り、そもそもの交通手段の選択や、車の選択が、Co2排出量に大きな影響を与えることをお話ししました。

 その中で、稼働日に毎日100km走る営業車を想定し、ガソリン車と電気自動車で、10年間でかかる費用を考えると、電気代が高いと、ガソリン車の方が安いものの、業務用や深夜電力でkWhあたり15円で充電できれば総費用は逆転し、電気自動車の方が安くなるシミュレーション結果もお話ししました。

 そして、本題の省エネになる運転方法、エコドライブのやり方として、様々な方法を取り上げました。
その一つをご紹介すると、例えば高速道路を80kmで走るとして、よく言われるのは速度一定ですが、そうすると上り坂だとアクセルを踏み込み、下り坂だと戻すという操作をひんぱんにすることになります。
でも、エンジンの回転数が変化すると燃費は悪くなるのです。

 ですから、例えば高速では80kmを中心に上下10kmを速度ゾーンとして、できるだけ回転数の変化を少なくする操作をします。上り坂で速度が落ちてきても75kmまではエンジンの回転数は変えない。つまり、アクセルの踏み込みは変えないということです。

 75kmまで落ちたらその速度をできるだけキープできるよう少し踏み込みます。
登りがきつく速度が落ちて70kmまで来たらまた踏み込んでキープするのです。

 逆に下り坂では、85kmになったらアクセルを戻します。さらに90kmになったらまた戻しますが、下りの場合は制限速度に達するまでは無理に減速はしません。

 制限速度になればエンジンブレーキもうまく使いながら超えないように制御します。

 今、自動運転の機能がついた車が出てきていますが、スピードの制御は、速度一定です。自動運転車の開発をしている様々な関係者に聞いてみましたが、回転数一定を優先する制御をしているとか、そのようなモードがあるという話は聞きませんでした。

 そこで、先日、速度を一定に保つ機能がついた、ノートe-Powerを試乗させて頂き、ほとんど信号のない往復30kmの区間を、速度一定で走った場合と、いつものように回転数一定を優先して走った場合でどうなるか比べてみました。(合計3時間もの試乗にお付き合い下さった、愛知日産鳴尾店の松山様、ありがとうございました!)

 まずは、自動的に速度一定で走った場合です。
e-Powerは、発電専用のエンジンで充電し、モーターだけで走る、シリーズハイブリッドという電気自動車に近いタイプの車です。

ノート試乗1.JPG

 リッター28.1kmとはかなり良い数字です。
この車は下りではエネルギーを回生して充電するなど効率がいいので、果たして差が付くか心配になりましたが、回転数一定を優先して走った結果がこちら。

ノート試乗2.JPG

リッター29.6kmと1.5km向上し、やはり回転数一定の方が燃費が良くなることが実証できました。
そして、モーターだけで走るこの車で有効と言うことは、電気自動車でも使える方法だということもわかりました。

皆さんも参考にしてみて下さい。





posted by otomi at 18:18| Comment(0) | 講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

札幌ナイトウォーキング

20180129125119245.jpg

 健康のため、余程の事がない限り、毎日1万歩歩いています。

 日中の歩数が足りないと、夜の22時、23時頃に歩きます。

20180129135155112.jpg

 せっかくなので、サラサラの粉雪が風に舞う札幌の街を、所々凍結した歩道の感触も楽しみながら歩きました。


posted by otomi at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

久々の北海道

CIMG9270.JPG

 久々の北海道です。

 以前もやはり講演で真冬の旭川、北見、釧路といった所にうかがったことがあり、そうした所ほどではないものの、札幌もやはり寒いです。

 午後2時頃で氷点下3度。最近寒い、寒いと言っている名古屋の最低気温ぐらいです。
明日の最低気温は氷点下8度、最高気温は氷点下5度の予報です。

 駅前のあたりの歩道は除雪され、乾いていて問題なく歩けます。
CIMG9271.JPG

 しかし、横断歩道はびちゃびちゃです。
これが凍ると気をつけないといけません。

CIMG9272.JPG





ラベル:北海道 講師 講演
posted by otomi at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする